いのちをバトンタッチする会 入会・寄付

posted in: 入会・寄付 | 0

当会は、いのちを大切にする家庭、職場、社会を築くことを願い諸活動に取り組んでいます。
いのちの授業を継続、発展させるために皆様からご厚情を賜っております。

ぜひ、いのちの授業のサポーターとして、いのちをバトンタッチする会への入会やご寄付をお願い申し上げます。

なお、四国歩きお遍路「景子ちゃんの接待所」へのご寄付もお預かりしています。

▼ 会の案内チラシ ▶︎ 景子ちゃんの接待所

入会

三つの会員区分よりお選びください。

会員区分 入会金 年会費 総会議決権
特別賛助会員 30,000円/1口以上 30,000円/1口以上
個人賛助会員 5,000円/1口以上 5,000円/1口以上
団体/法人賛助会員 10,000円/1口以上 10,000円/1口以上
会員特典

①会報「いのちびと」を4回/年お届け
②当会主催のイベント料金を割引
③各種イベントのご案内
④当会関係図書の謹呈
⑤団体/法人賛助会員の方は、ホームページを本サイトでご紹介

▶︎ 会員(サポーター)ご芳名一覧

入会及び更新手順
STEP1

入会の申込

【方法その1】
ホームページのいのちをバトンタッチする会』サポーター申し込みフォーム』に記載の上、送信してください。

【方法その2】
事務局に入会申込書(Word形式)をFAX、またはメールしてください。
受信後、事務局よりご連絡いたします。

▶︎ サポーター申し込みフォーム ▼ 入会申込書(Word)

STEP2

入会金と年会費のお振込み

振込先口座は末尾に記載してあります

STEP3

入金確認書、会報のお届け

STEP4

会員登録の更新

1年後、会報とともに「年会費のお願い」をさせていただきます。

 

寄付

1,000円/1口よりご厚志を承っております。

寄付の手順
STEP1

寄付の申込

【方法その1】
ホームページのいのちをバトンタッチする会』サポーター申し込みフォーム』に記載の上、送信してください。

【方法その2】
事務局に寄付申込書(Word形式)をFAX、またはメールしてください。
受信後、事務局よりご連絡いたします。

なお、四国歩きお遍路「景子ちゃんの接待所」へのご寄付は、「接待所」とご記入ください。

▶︎ サポーター申し込みフォーム ▼ 寄付申込書(Word)

STEP2

寄付金のお振込み

振込先口座は末尾に記載してあります

STEP3

入金確認書のお届け

 

お振込先

・三菱UFJ銀行 豊田支店 普通 4887719
特非)いのちをバトンタッチする会 理事 鈴木中人(すずきなかと)

・ゆうちょ銀行 記号12190 番号43455441  トクヒ)イノチヲバトンタッチスルカイ

・郵便振替口座 00880-2-85294 いのちをバトンタッチする会

いのち寺子屋

posted in: 主な活動・本 | 0
いのち寺子屋とは

それぞれの街で、みんなで、いのちの思いをFace To faceに語らい、いのちのご縁を紡ぐ集いです。「いのちを育む・支える」実践者のミニスピーチ、みんなでトークを通じて、「いのちの授業」の輪を広げます。
地域での勉強会、サークル活動などと連携して運営しています。大切な「いのちの仲間」として、主催及びご参加ください。

<寺子屋主催者大募集! ~ 運営イメージ>
・開催日時 = 休日の午後 13:00~16:30頃
・内 容  =
① ミニスピーチ
いのちの実践者が、自分の「いのちの思い」を語る 15~20分程度
講師は、それぞれの地域で選定
②みんなでトーク
ミニトークでのキーワドをテーマに、みんなで語らう
コーデネート:鈴木中人
・主 催  = 地域での主催者といのちをバトンタッチする会で共催等
・参加費  = 有料 それぞれの地域で設定
・その他  = 終了後、有志懇親会も!


2020年度の開催実績(満員御礼)

〇大阪市

10月18日(日)、大阪・あべのハルカスで開催! 講演会&ミニコンサート&みんなでトーク! もちろん、コロナ対策も万全に(先着40名)。

・日時 2020.10.18 (日) 13:00~17:00(開場12:30)
・場所 あべのハルカス23階キャンパスフロア 定員先着40名
・テーマ:みんなで いのちの思いを語ろう!
・①ミニ講演:寺田健吾 山本篤
・②ミニコンサート:CHIHO
・➂みんあでトーク
・参加費:一般=3000円、当日=3500円、学生=1000円
・主催:いのち寺子屋イン大阪実行委員会、虹天塾近江、いのちをバトンタッチする会
・申込方法は、添付のチラシを参照ください。

▼ ご案内PDFファイルはこちら

実績
2019.9.29 (日)
in京都
・時間 2019.9.29 (日) 12:50~16:50
・場所 京都市下京いきいき市民活動センター
・講師 松本悠、高橋真依、藤尾まさよ、鈴木中人、寺脇優子
2019.8.25 (日)
in福岡
・時間 2019.8.25 (日) 14:00~17:00
・場所 光恵寺
・講師 「いのちの授業(小学生&親子向)」鈴木中人、「いのちの伝言板」宿原寿美子、「いのちのメロディ」cozy koji
2018.10.14(日)
in神戸
・時間 2018.10.14 (日) 12:30~16:40
・場所 神戸市教育会館
・講師 中川千都子、福原正仁、濱口直哉、鈴木中人
・主催 虹天塾神戸・近江、播州幸せ広げる会、講志会 いのちをバトンタッチする会
 2018.8.19 (日)
in福岡
・時間 2018.8.19 (日) 14:00~16:40
・場所 光恵寺
・講師 福田雅世 竹之内裕文 インスハート 鈴木中人
・主催 福岡いのちの授業実行委員会  いのちをバトンタッチする会
 2018.6.30 (土)
in東京
・時間 2018.6.30 (土) 12:30~16:40
・場所 東新宿
・講師 水谷もりひと Hiro 柳家海舟 鈴木中人
・主催 東京いのちの授業実行委員会  いのちをバトンタッチする会
 2018.3.17 (土)
in高崎
・時間 2018.3.17 (土) 12:50~16:40
・場所 高崎市中央公民館
・講師 新井国彦 久林純子 加藤久雄   鈴木中人
・主催 まごころ塾 いのちをバトンタッチする会
2017.11.11(土)
in彦根
・時間 12:50~16:40
・場所 彦根勤労福祉会館
・講師 北村遥明(虹天塾近江代表)、古川洋子(助産師)、林ともこ(書籍「あーちゃんの著者」)、円城孝之(NPO法人職員)、鈴木中人 (いのちをバトンタッチする会)
・主催 虹天塾近江、いのちをバトンタッチする会
2017.8.27 (日)
in福岡
・時間 14:00~17:00
・場所 龍宮寺本堂
・講師 中島健太郎(小児科医)
市川ともみ(主婦)
鈴木中人 (いのちをバトンタッチする会)
コンサート 高橋亜美
・主催 福岡いのちの授業実行員会  後援:いのちをバトンタッチする会
2017.3.4 (土)
in東京
・時間 13:00~16:40
・場所 両国ステーションビル会議室
・講師 中野敏治(やまびこ会、あしがら学び塾代表)
新井国彦(まごころ塾 世話人)
小松紗矢香(ぷれしゃすらいふ代表)
鈴木中人 (いのちをバトンタッチする会)
・主催 やまびこ会 あしがら学び塾 まごころ塾 いのちをバトンタッチする会

本・DVD

posted in: 主な活動・本 | 0
発行の思い

「いのちの授業」のメッセージを、単行本、絵本、DVD(講演、ドキュメンタリー映画)、講演録として発行しています。

ご注文も承ります。末尾の購入方法をご参照ください。

単行本

私が一番受けたい「いのちの授業」 私が一番受けたい「いのちの授業」

「いのちの授業」20年の集大成本。いのちを大切にする心を育むために、大人が子どもに教えること示し、大切にしたい「いのちの眼差し」を芽吹かせてくれる。「いのち」と「幸せ」を育む感動の本です。

・鈴木中人著
・ごま書房新社(2024年7月)
・価格 本体価格1300円+税

紹介メディア
毎日新聞(2024.7.11)「いのちを考えるきっかけに」

▼ ご購入方法

私が一番受けたい「いのちの授業」
 

私が一番受けたい「いのちの授業」

「いのちの授業」20年の集大成本。いのちを大切にする心を育むために、大人が子どもに教えること示し、大切にしたい「いのちの眼差し」を芽吹かせてくれる。「いのち」と「幸せ」を育む感動の本です。

・鈴木中人著
・ごま書房新社(2024年7 月)
・価格 本体価格1300円+税

紹介メディア
毎日新聞(2024.7.11)「いのちを考えるきっかけに」

「いのちの授業」をつくる
体験も視点も違う二人が、学校現場で活かせる、教師の生の声に答える本を綴りました。いのちの授業とは何をどう学ぶか。子どもたち伝えたい「いのちのメッセージ」、授業づくりの実践ヒント、現場教師が抱える「いのちの悩み」にも答える、感動の教育書です。・鈴木中人、玉置崇(著)
・さくら社(2022年9 月)
・価格 本体価格1600円+税

紹介メディア
・月刊致知11号書評(2022.11)
・中日新聞生活面書評(2022年10 .20)
・毎日新聞(2022.9.30)「いのちの授業」出版 子どもの目線に合わせて学び合う
日本教育新聞(2022.9.12) 「いのちの授業」を広めたい

▼ ご購入方法


 

「いのちの授業」をつくる
体験も視点も違う二人が、学校現場で活かせる、教師の生の声に答える本を綴りました。いのちの授業とは何をどう学ぶか。子どもたち伝えたい「いのちのメッセージ」、授業づくりの実践ヒント、現場教師が抱える「いのちの悩み」にも答える、感動の教育書です。
・鈴木中人、玉置崇(著)
・さくら社(2022年9 月)
・価格 本体価格1600円+税
紹介メディア
・月刊致知11号書評(2022.11)
・中日新聞生活面書評(2022年10 .20)
・毎日新聞(2022.9.30)「いのちの授業」出版 子どもの目線に合わせて学び合う
日本教育新聞(2022.9.12) 「いのちの授業」を広めたい

▼ ご購入方法

子どものための「いのちの授業」
~小児がんの亡き娘が教えてくれたこと
6歳までの“いのち”を輝かせた少女と家族の実話。
30万人が涙し、生きる力となる感動の授業。いのちの旅を、子どもたちに贈ります。・鈴木中人(著)、絵・葉祥明
・致知出版社(2019年3月)
・価格 本体価格1,300円+税・新品在庫あり→いのちをバトンタッチする会でも購入できます。

紹介メディア
朝日新聞(2019.6.11) *6歳で逝った娘との体験 教材に
読売新聞(2019.5.22) *娘の『いのち』つなぐ授業
日本教育新聞(2019.4.22) *いのちの授業 一層の普及を図る
毎日新聞(2019.4.5) *ひと

▼ ご購入方法



子どものための「いのちの授業」
~小児がんの亡き娘が教えてくれたこと

6歳までの“いのち”を輝かせた少女と家族の実話。
30万人が涙し、生きる力となる感動の授業。いのちの旅を、子どもたちに贈ります。・鈴木中人(著)、絵・葉祥明
・致知出版社(2019年)
・価格 本体価格1,300円+税
紹介メディア
朝日新聞(2019.6.11) *6歳で逝った娘との体験 教材に
読売新聞(2019.5.22) *娘の『いのち』つなぐ授業
日本教育新聞(2019.4.22) *いのちの授業 一層の普及を図る
毎日新聞(2019.4.5) *ひと

▼ ご購入方法


大人のための「いのちの授業」
~小児がんで娘を亡くした私が伝えたいこと
いのちに思いをはせて、生き方・働き方をみつめます。41の感動の「いのちの実話」。幸せに生きるためのヒントがいっぱいです。
・鈴木中人(著)
・致知出版社(2017年)
・本体価格1,200円+税・価格
・中古品のみ →Amazonなどでご購入ください。

紹介メディア
日本教育新聞(2017.12.18)
毎日新聞(2017.11.25)
朝日新聞(2017.11.7)

▼ ご購入方法


大人のための「いのちの授業」
~小児がんで娘を亡くした私が伝えたいこと

いのちに思いをはせて、生き方・働き方をみつめます。41の感動の「いのちの実話」。幸せに生きるためのヒントがいっぱいです。・鈴木中人(著)
・致知出版社(2017年)
・価格 本体価格1,200円+税

6歳のお嫁さん

いのちを大切にする心を育むためのポイント。感動のメッセージが溢れています。(中古品のみ)

・鈴木中人(著)
・実業之日本社(2009年)
・本体価格1,200円+税・価格
・推薦 日野原重明氏・価格
・中古品のみ →Amazonなどでご購入ください。

▼ ご購入方法



6歳のお嫁さん
いのちを大切にする心を育むためのポイント。感動のメッセージが溢れています。(中古品のみ)
・鈴木中人(著)
・実業之日本社(2009年)
・価格 本体価格1,200円+税
・推薦 日野原重明氏

▼ ご購入方法 


人生のそのときに心に刻む10のこと

生きる、働く、家族、幸せなど、父から働く息子への10のメッセージとして綴られています。「いのちの研修」のエッセンスが本になりました。

・鈴木中人(著)
・致知出版社(2014年)
・価格 本体価格1,400円+税
・中古品のみ →Amazonなどでご購入ください。

▼ ご購入方法



人生のそのときに心に刻む10のこと
生きる、働く、家族、幸せなど、父から働く息子への10のメッセージとして綴られています。「いのちの研修」のエッセンスが本になりました。(中古品のみ)
・鈴木中人(著)
・致知出版社(2014年)
・価格 本体価格1,400円+税
・推薦 佐々木常夫氏

▼ ご購入方法 

 

絵本

6さいのおよめさん

いのちの授業の絵本。
優しい絵とメッセージが、いのちの大切さ、家族の絆、生きる力を心に届けてくれる感動の物語です。
小学校・道徳の教科書(学研教育みらい)にもなりました。
朗読動画もご覧ください。

・文:鈴木中人  絵:城井文
・文屋、サンクチュアリ出版(2014年)
・価格 本体価格1,400円+税
・推薦 押谷由夫氏、大棟耕介氏
・中古品のみ →Amazonなどでご購入ください。

▼ ご購入方法



6さいのおよめさん
いのちの授業の絵本。
優しい絵とメッセージが、いのちの大切さ、家族の絆、生きる力を心に届けてくれる感動の物語です。
小学校・道徳の教科書(学研教育みらい)にもなりました。
朗読動画もご覧ください。
・文:鈴木中人  絵:城井文
・文屋、サンクチュアリ出版(2014年)
・価格 本体価格1,400円+税
・推薦 押谷由夫氏、大棟耕介氏

▼ ご購入方法 

 

いのちの講演録

「いのちの授業」の活動10周年を記念して、主な3つの講演テーマを講演録として発行いたしました。ぜひ、学校、医療介護現場、職場などにお届けください。

いのちの授業 いのちの授業 ~ いのちのバトンタッチ

中学校での講演録(B6版/68頁)

6歳までのいのちを精いっぱい輝かせた、小児がんの少女と家族の姿を通じて、いのちと家族をみつめます。一番ポピュラーな「いのちの授業」。
学校、子育て、生き方、PTA、人権、いじめ自殺防止向

・講師:鈴木中人
・価格:本体価格400円+税
・発行:2022年9月
・在庫あり →いのちをバトンタッチする会で購入できます。

▼ ご購入方法

いのちの授業

いのちのバトンタッチ ~いのちの大切さ、家族の絆
中学校での講演録(B6版/72頁)6歳までのいのちを精いっぱい輝かせた、小児がんの少女と家族の姿を通じて、いのちと家族をみつめます。一番ポピュラーな「いのちの授業」。
学校、子育て、生き方、PTA、人権、いじめ自殺防止向
・講師:鈴木中人
・価格:本体価格400円+税
・発行:2015年6月

▼ ご購入方法 


いのちの授業 生きる幸せ、働く喜び ~根っこを育む

企業研修での講演録(B6版/76頁)

闘病、死別、早期退職、起業独立の体験を通じて、いのちをみつめる意味、自分を変える、使命、働くとは、ご縁、幸せをみつめます。
人勢育成、モチベーション、使命感・人間力醸成、メンタルヘルス向

・講師:鈴木中人
・価格:本体価格400円+税
・発行:2015年6月
・在庫切れ

▼ ご購入方法

いのちの授業

生きる幸せ、働く喜び ~根っこを育む
企業研修での講演録(B6版/76頁)闘病、死別、早期退職、起業独立の体験を通じて、いのちをみつめる意味、自分を変える、使命、働くとは、ご縁、幸せをみつめます。
人勢育成、モチベーション、使命感・人間力醸成、メンタルヘルス向
・講師:鈴木中人
・価格:本体価格400円+税
・発行:2015年6月
・在庫切れ

いのちの授業 いのちと医療介護 ~患者家族のお思い、大切な人をおくること

医療介護研修での講演録(B6版/76頁)

闘病、死別、介護体験を、患者家族の目線でみつめます。
良き医療、尊厳ある生、医療 専門職の使命、老いるとはを考えます。
医療介護学校、病院・介護専門職、グリーフケア、患者家族向

・講師:鈴木中人
・価格:本体価格400円+税
・発行:2015年6月
・在庫あり →いのちをバトンタッチする会で購入できます。

▼ ご購入方法

いのちの授業

いのちと医療介護 ~患者家族のお思い、大切な人をおくること
医療介護研修での講演録(B6版/76頁)闘病、死別、介護体験を、患者家族の目線でみつめます。
良き医療、尊厳ある生、医療 専門職の使命、老いるとはを考えます。
医療介護学校、病院・介護専門職、グリーフケア、患者家族向
・講師:鈴木中人
・価格:本体価格400円+税
・発行:2015年6月

▼ ご購入方法 

 

DVD
いのちの授業 講演DVD

中学校での「いのちの授業」と「生徒、教師、保護者のインタビュー」が40分に収録されています。
学校に加えて、子育てサークルなどでも視聴できます。

・テーマ「いのちの授業」
・中学校版
・発行 特定非営利活動法人いのちをバトンタッチする会
・価格 本体価格2,000円+税

▼ ご購入方法


いのちの授業 講演DVD
中学校での「いのちの授業」と「生徒、教師、保護者のインタビュー」が40分に収録されています。
学校に加えて、子育てサークルなどでも視聴できます。
・テーマ「いのちの授業」
・中学校版
・発行 特定非営利活動法人いのちをバトンタッチする会
・価格 本体価格2,000円+税

▼ ご購入方法 


ドキュメンタリー映画DVD

4組の家族の「小さないのちの物語」です。長女を亡くした父親が語り継ぐ、いのちの授業のメッセージとは。小学6年生で白血病を発病した大学生が抱く夢とは。老舗料理店の女将、その笑顔の向こうにある思いとは。体重326グラムで生まれた少女から発せられる生きる力とは。いのちの大切さ、家族の絆、生きる、本当に大切なことをみつめます。

・タイトル「四つの空 いのちにありがとう」
・76分、カラー
・監督 杉本幸雄
・制作 特定非営利活動法人いのちをバトンタッチする会
・本体価格2,000円+税

*映画の詳細はこちらをご覧ください

▼ ご購入方法


ドキュメンタリー映画DVD
4組の家族の「小さないのちの物語」です。長女を亡くした父親が語り継ぐ、いのちの授業のメッセージとは。
小学6年生で白血病を発病した大学生が抱く夢とは。
老舗料理店の女将、その笑顔の向こうにある思いとは。
体重326グラムで生まれた少女から発せられる生きる力とは。
いのちの大切さ、家族の絆、生きる、本当に大切なことをみつめます。
・タイトル「四つの空 いのちにありがとう」
・76分、カラー
・監督 杉本幸雄
・制作 特定非営利活動法人いのちをバトンタッチする会
・本体価格2,000円+税*映画の詳細はこちらをご覧ください

▼ ご購入方法 

購入方法
STEP1

本・DVDの購入申し込み

次の方法でお申し込みください。
・購入申し込みフォームにご記入。

購入申込書(Excel形式にご記入し、FAXください。

購入申込書(Excel形式にご記入し、メールください。

※単行本と絵本は  (含中古品)でもご購入いただけます。

STEP2

お届け

本と請求書をお届けします。(購入代金+送料)

STEP3

代金のお振込み

振込手数料はご負担ください

・三菱UFJ銀行 豊田支店 普通 4887719
特非)いのちをバトンタッチする会 理事 鈴木中人(すずきなかと)

・ゆうちょ銀行 記号12190 番号43455441  トクヒ)イノチヲバトンタッチスルカイ

・郵便振替口座 00880-2-85294 いのちをバトンタッチする会

 

映画DVD ドキュメンタリー映画「四つの空 いのちにありがとう」

posted in: 主な活動・本 | 0
「四つの空 いのちにありがとう」とは

4組の家族の「小さないのちの物語」。いのちに向き合い、困難を乗り越え、幸せになるための「いのちの授業の物語」です。

四つの空には、4組の家族の人生が映し出されます。そこには、咲くいのち、散るいのちがある。その全てが、輝き、支えられて、愛された。ありがとうの思いとともに。

長女を亡くした父親が語り継ぐ、いのちの授業のメッセージとは。小学6年生で白血病を発病した大学生が抱く夢とは。老舗料理店の女将、その笑顔の向こうにある思いとは。体重326グラムで生まれた少女から発せられる生きる力とは。

いのちの大切さ、家族の絆、生きる、本当に大切なことをみつめます。いのちの授業として、家族や仲間とともに、学校・職場・地域でご覧ください。生きよう、きっと幸せになれるからと心感じられる映画です。

映画の予告版(5分)

作品紹介

●タイトル   =「四つの空 いのちにありがとう」
●上映時間   =76分、カラー
●公開日    =2013年9月21日
●出演者    =鈴木中人、高橋真依、小出朋子、吉岡生未
●監督     =杉本幸雄
CBCテレビ報道部にてカメラマンを務めた後、独立。 テレビ番組、CM、PR映画、ドキュメンタリー作品の
監督を務める。現大同大学情報学部教授。全国映像 協議会グランプリ受賞など受賞多数

語り 石黒志伸
主題歌 「四つの空 いのちにありがとう」
制作 特定非営利活動法人いのちをバトンタッチする会
株式会社ライフクリエイト研究所
プロデューサー 株式会社ライフクリエイト研究所
学校 人権、道徳、いじめ防止、文化大会、PTA行事
行政 子育て支援、自殺・虐待防止、障がい者支援、社会福祉大会
医療福祉 患者家族会、医療福祉大会、大学・専門学校の授業
地域 ボランティア総会、いのちの啓発、障がい者支援
企業 ワークアンドライフバランス研修会、社会貢献事業、家族参加イベント
メディア紹介

・NHK総合テレビ(全国放送)
中日・東京新聞
朝日新聞
月刊れいろう  他

鈴木中人の紹介

posted in: 鈴木中人の紹介 | 0
プロフィール
1957年愛知県生まれ。NPO法人いのちをバトンタッチする会代表。

1981年㈱デンソー入社。92年、長女の小児がん発病を機に、小児がんの支援活動や「いのちの授業」に取り組む。2005年、会社を早期退職して、いのちをバトンタッチする会を設立。2009年、ライフクリエイト研究所を設立。

いのちのバトンタッチをテーマに、いのちの輝き、家族の絆、生きる幸せ・働く喜び、良き医療などを全国に発信する。

千校を超える学校を訪問、授業や研修には30万人が参加、小学校・道徳の教科書(㈱Gakken)にもなる。

定期購読誌「いのちびと」の編集、「広げよう!いのちの授業」「小児がん支援・がん教育」プロジェクト、単行本・絵本・ドキュメンタリー映画の制作などにも取組む。

いのちの授業 鈴木中人

・月刊致知「人生の苦難が教えてくれたこと」(2023年)
・日本講演新聞「親が生まれ変わるってどういうこと?」(2023年)
・中日新聞「わたしの転機」(2022年)
・中日新聞「ひと」(2020年)
・朝日新聞「教育面」(2019年)
・毎日新聞「ひと」(2019年)
・毎日新聞「発言」(2017年)
・朝日新聞「ひと」(2014年)
・テレビ寺子屋(2010年、2012年)
・NHKテレビドキュメンタリー(2009年)
・NHKラジオ深夜便こころの時代(2004年、2008年)

いのちの授業 鈴木中人
1957年愛知県生まれ。NPO法人いのちをバトンタッチする会代表。1981年㈱デンソー入社。92年、長女の小児がん発病を機に、小児がんの支援活動や「いのちの授業」に取り組む。2005年、会社を早期退職して、いのちをバトンタッチする会を設立。2009年、ライフクリエイト研究所を設立。いのちのバトンタッチをテーマに、いのちの輝き、家族の絆、生きる幸せ・働く喜び、良き医療などを全国に発信する。千校を超える学校を訪問、授業や研修には30万人が参加、小学校・道徳の教科書(㈱Gakken)にもなる。定期購読誌「いのちびと」の編集、「広げよう!いのちの授業」「小児がん支援・がん教育」プロジェクト、単行本・絵本・ドキュメンタリー映画の制作などにも取組む。
・月刊致知「人生の苦難が教えてくれたこと」(2023年)
・日本講演新聞「親が生まれ変わるってどういうこと?」(2023年)
・中日新聞「わたしの転機」(2022年)
・中日新聞「ひと」紹介(2020年)
・朝日新聞「教育面」紹介(2019年)
・毎日新聞「ひと」紹介(2019年)
・毎日新聞「発言」(2017年)
・朝日新聞「ひと」紹介(2014年)
・テレビ寺子屋出演(2010年、2012年)
・NHKテレビドキュメンタリー放送(2009年)
・NHKラジオ深夜便こころの時代出演(2004年、2008年)

私と「いのちの授業」
私は、元々は地元の会社に勤めるサラリーマンでした。
社内結婚した妻と二人の子どもをと、どこにでもいる普通の家族として暮らしていました。
突然、人生のまさかが襲いました。長女・景子が小児がんを発病したのです。景子三歳、私は三十四歳でした。
人生の当たり前が崩れました。
子どもは成長するする存在から、死ぬかもしれない存在に。
一緒に暮らす家族はバラバラに。
働き盛りの仕事は、闘病と育児のやり繰りの毎日に。景子は、約三年間闘病して亡くなりました。必死の祈りも叶わずに…。いのち、死ぬ、生きる、家族、働く、良き医療、幸せ、運命とは何だろうか。
苦悩と涙の中で、何回も何回もそう思いました。十年後、何のあてもなく会社を早期退職して「いのちの授業」を始めました。
景子が遺してくれた「いのちのメッセージ」をバトンタッチしよう、ただそれだけの思いです。四十七歳でした。超零細一人稼業になって、人生の情景も随分と変わりました。
たくさんの「いのちの体験と出逢い」が積み重なりました。
そして、「生きる」が一本の糸として紡がれていきました。「いのちに思いをはせて、自分の生き方・働き方をみつめてみよう。
本当に大切なことに気づき、幸せになるためのヒントがきっとある―」亡き娘、そして、たくさんの方から「いのちの思い」を託されました。
その思いを、「いのちの授業」を通じてバトンタッチさせていただきたいと願います。
いのちの授業 鈴木中人

いのちの授業 鈴木中人

私は、元々は地元の会社に勤めるサラリーマンでした。
社内結婚した妻と二人の子どもをと、どこにでもいる普通の家族として暮らしていました。
突然、人生のまさかが襲いました。長女・景子が小児がんを発病したのです。景子三歳、私は三十四歳でした。
人生の当たり前が崩れました。
子どもは成長するする存在から、死ぬかもしれない存在に。
一緒に暮らす家族はバラバラに。
働き盛りの仕事は、闘病と育児のやり繰りの毎日に。

景子は、約三年間闘病して亡くなりました。必死の祈りも叶わずに…。

いのち、死ぬ、生きる、家族、働く、良き医療、幸せ、運命とは何だろうか。
苦悩と涙の中で、何回も何回もそう思いました。

十年後、何のあてもなく会社を早期退職して「いのちの授業」を始めました。
景子が遺してくれた「いのちのメッセージ」をバトンタッチしよう、ただそれだけの思いです。四十七歳でした。

超零細一人稼業になって、人生の情景も随分と変わりました。
たくさんの「いのちの体験と出逢い」が積み重なりました。
そして、「生きる」が一本の糸として紡がれていきました。

「いのちに思いをはせて、自分の生き方・働き方をみつめてみよう。
本当に大切なことに気づき、幸せになるためのヒントがきっとある―」

亡き娘、そして、たくさんの方から「いのちの思い」を託されました。
その思いを、「いのちの授業」を通じてバトンタッチさせていただきたいと願います。

主な活動

・特定非営利活動法人いのちをバトンタッチする会代表
㈱ライフクリエイト研究所 代表取締役

・三重大学医学部 非常勤講師
・名古屋市立中央看護専門学校 非常勤講師

・国立病院機構名古屋医療センター 研究倫理審査委員
・公益財団法人がんの子どもを守る会 東海支部代表幹事 評議員

・厚生労働省 がん対策推進協議会委員(2018、19年)
・名古屋市 がんに関する学習補助教材策定委員会委員(2014年)
・愛知県 命を大切する教育研究会委員(2006年)

著書

・私が一番受けたい「いのちの授業」(2024年 ごま書房新社)
・「いのちの授業」をつくる(2022年 さくら社)
・「子どものための『いのちの授業』~小児がんの亡き娘が教えてくれたこと」(2019年 致知出版社)
・「大人のための『いのちの授業』~小児がんで娘を亡くした私が伝えたいこと」(2017年 致知出版社)
・絵本「6さいのおよめさん」(2014年 文屋)
・「人生のそのときに心に刻む10のこと」(2011年 致知出版社)
・「6歳のお嫁さん~亡き娘から託されたいのちの授業」(2009年 実業之日本社)
・「いのちのバトンタッチ」(2003年 致知出版社)
・「景子ちゃん ありがとう」(2001年 郁朋社)

・小学校 道徳教科書「みんなのどうとく3年」(学研教育みらい)

主な受賞

・こころを育む総合フォーラム「中部ブロック大賞」(2012年)
・名古屋キワニス会 社会公益賞(2011年)
・浄土宗 共生地域文化大賞「共生賞」(2008年)
・財団法人ソロプチ二スト日本財団 社会ボランティア賞(2007年)
・財団法人愛銀教育財団(2007年)

▶︎ ライフクリエイト研究所について

いのちのメッセージ

posted in: 鈴木中人の紹介 | 0
私と「いのちの授業」

私は、元々は地元の会社に勤めるサラリーマンでした。
社内結婚した妻と二人の子どもと、どこにでもいる普通の家族として暮らしていました。
突然、人生のまさかが襲いました。

長女・景子が小児がんを発病したのです。景子三歳、私は三十四歳でした。
人生の当たり前が崩れました。
子どもは成長する存在から、死ぬかもしれない存在に。
一緒に暮らす家族はバラバラに。
働き盛りの仕事は、闘病と育児のやり繰りの毎日に。

景子は、約三年間闘病して亡くなりました。必死の祈りも叶わずに…。

いのち、死ぬ、生きる、家族、働く、良き医療、幸せ、運命とは何だろうか。
苦悩と涙の中で、何回も何回もそう思いました。

十年後、何のあてもなく会社を早期退職して「いのちの授業」を始めました。
景子が遺してくれた「いのちのメッセージ」をバトンタッチしよう、ただそれだけの思いです。四十七歳でした。

超零細一人稼業になって、人生の情景も随分と変わりました。
たくさんの「いのちの体験と出逢い」が積み重なりました。
そして、「生きる」が一本の糸として紡がれていきました。

いのちに思いをはせて、自分の生き方・働き方をみつめてみよう。
本当に大切なことに気づき、幸せになるためのヒントがきっとある―。

亡き娘、そして、たくさんの方から「いのちの思い」を託されました。
その思いを、「いのちの授業」を通じてバトンタッチさせていただきたいと願います。
いのちの授業の15年の思いを講演録(「いのちびと」31号)にまとめています。ぜひご覧ください。

「いのちの授業」の思い

人生とは、「いのちの旅」をする―ことです。

みんな、生まれて、生きて、死んでいきます。
たくさんの人と関わりながら、いのちに向き合います。
そして、ときに涙を流しながら、いのちへの思いを重ねます。

いのちとは、何だろうか?
家族とは、何だろうか?
どう生きたら、よいのだろうか?

答えは、直ぐには見つかりません、一つだけでもありません。
でも確かなことがあります。
いのちへの思いを重ねてこそ、本当に大切なことに気づき、幸せになれるのです。
それが、「いのちの旅」です。

さあ、「いのちの旅」を始めよう。
ゆっくりでいい、転んでもいい、迷ってもいい。
その一歩一歩が、きっと、生きる力になってくれます。

みんなで心を一つにして、「いのち」をみつめてみませんか。
あなたと、あなたの大切な人に、いのちの思いをバトンタッチさせてください。

「いのちの授業」で届けたい「いのちのメッセージ」

 

いのちのバトンタッチ


愛されている「いのち」
限りある「いのち」
かけがえのない「いのち」
つながっている「いのち」
生かされている「いのち」
大切な自分の「いのち」、大切な仲間の「いのち」 

当たり前にある「いのち」は、「きせき」なんだよ
むだな「いのち」なんて、ひとつもないんだよ 
だから「生きる」んだ

生き抜く、支え合う、ありがとう、笑顔を大切にしよう
限りある命をどう使うかを問いかけよう
絶対、親より早く死んではいけない!

だいじょうぶ
きっと、幸せになれるから

 

「絶対、親より早く死んではいけない」の思い

ある小学校で、いのちの授業をしました。

景子のことを話したあと、子どもたちに感じたことをインタビューします。
一人の男の子にマイクを向けると、緊張したのでしょうか、突然、泣き出してしまったのです。
ずっと涙が止まりません。「とっても感動したんだよね」と、先生が話しかけます。
男の子は、「うん」とうなづいて、先生に抱きつきます。感情豊かな子だと、私は思いました。

二週間後、子どもたちの感想文が届きました。ある感想文に先生のメモが添えられています。

この子は、授業で泣いてしまった子です。6年生ですが、ほとんど漢字を書けません。
いつも無口なので、何を考えているかと心配していました。
この子の気持ちを知って胸が熱くなりました。
職員室で話すと、みんなが涙を流しました。

平仮名ばかりの感想文です。読み終えたとき、私も涙がこぼれました…。

おやこうこうしようとおもっても、ぼくは なんのとりえもありません。
かあさんととうさんに いつもめいわくをかけています。
なにかないかとかんがえたら かあさんととうさんよりも はやくしなない
にしました。だから ぼくはがんばっていきていこうとおもいました。

この子は、たとえ漢字は書けなくとも、とても大切なことを心に刻んでくれました。
親より早く死なない! 生きよう!と。
なぜでしょうか。
この子を愛してくれた、支えてくれた、お父さん、お母さん、先生、大人がいたからです。

親より早く死んではいけない

それは、いのちを大切にする思いが一つに凝縮されたものです。
そう実感できるとき、子どもの心には確かな思いが芽吹いています。
自分が「愛されている」「支えられている」
家族と「つながっている」
いのちは「かけがえがない」
いのちには「限りがある」
これこそが、「いのちの実感です」
いのちを大切にするとは、この感性を育むことではないでしょうか。

「愛されている」「支えられている」「つながっている」「かけがえがない」「限りがある」。
そのことを、あなたの思いとともに子どもに語ってあげてください。
きっと、子どもの心に感じてくれます。

「限りある命を、どう使うか」

東日本大震災の被災地での講演会に伺いました。
生命保険関係の会です。講演後、その代表の方が涙を流しながら言われます。

あの震災で、仲間がたくさん死にました。
でも僅かしか、保険を払えませんでした。もちろん、お金で命は救えません。
でも、せめてお金があれば、遺された人の生活は再建できたはずです。
なぜ、もっと必死で保険を勧めなかったのか、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今、その方は、必死で保険を勧めています。
あなたの仕事は何ですか?
以前のその方は、「保険を売っています」。
今のその方は、「いのちを支え守る仕事をしています」と答えられるでしょう。
私たちは、全て「いのちを支え守る仕事」をしているのです。
食品・農業は、食で命を育みます。
建設業は、社会の生命財産を守ります。
流通・小売り業は、生活の営みを支えます。
金融・製造業は、そのサービスと製品を通じて社会に貢献します。
行政・医療介護は、いのちのセーフティーネットです。
教育は、いのちを育みます。
その一つが欠けても、いのちを支え守ることはできません。
モチベーション、それは誰かが高めてくれるものではありません。
自分で自分の仕事をどう意味づけるか、それで決まるのです。
「使命」。「命」を「使」うと記します。
限りある自分の命をどう使うか。
そう問いかけてこそ、本当の「使命」が芽吹くのです。
ぜひ、いのちに向き合い、問いかけてください。
きっと、あなたの心の根っこを深めてくれます。

「いのちのバトンタッチ」の思い

いのちのバトンタッチは、いのちの授業のテーマであり、会の名称です。
実は、その命名の原点は青木新門さんです。
青木さんは、映画「おくりびと」のモデルと言われる方で、ベストセラー「納棺夫日記」の著者です。
2000年頃、私は、長女・景子の死をどう意味あるものにするかを求めていました。
そんなとき、青木さんとの出会いがありました。東京・早稲田の喫茶店で、小さな囲む会。
私が子どもを亡くしたことをお話しすると、ある詩を詠んでくれました。

いのちのバトンタッチ
人は必ず死ぬから、いのちのバトンタッチがあるのです
死に臨んで先逝く人が「ありがとう」といえば
残る人が「ありがとう」と応える
そんな一瞬のバトンタッチがあるのです
死から目をそむけている人は、見そこなうかもしれないが
そんないのちのバトンタッチがあるのです

「景子が、いのちのメッセージを遺してくれている。いのちのバトンを託してくれている。それを、私の体験として語ることでバトンタッチしていこう」。
それが「いのちの授業」のはじまりです。
2005年、会社を早期退職して「いのちの授業」の活動を始めました。
会の名称に、「いのちのバトンタッチ」の思いを込めたい旨を青木さんにお願いしました。
青木さんから「どうぞどうぞ、喜んで」とのエールをただきました。
そして、「いのちをバトンタッチする会」と命名しました。
みんな、託し託された「いのちのバトン」があります。
自分の体験と思いを、「いのちのメッセージ」として、自分の言葉で語り継いで参ります。

「いのちのつながり」の思い

「景子ちゃんに会えた気がする人は、手を挙げてください」いのちの授業の最後に、この質問をします。
子どもも、おとなも、たくさんの人が手を挙げてくれます。
そんなとき、つぎのようにお話しします。

私たちは、生きていく中で、大切な人を必ず亡くします。
死んだ人とは、会うことも話すことも絶対にできません。
しかし、その人に会えたような気がすることがあります。それは、なぜでしょうか。
いのちには、体のいのちと心のいのちがあるからです。
体のいのちはいつか終わります。
しかし、心のいのちは、思いとなって永遠につながっていくのです。
いのちを大切にするとは、体のいのちは健康を保つこと、心のいのちは、強い思いを抱き行動することです。

*単行本「6歳のお嫁さん」より

 

「いっしょに」の思い
みんなにとって・・・
大切なものって・・・なに?
本当の「ワタシ」って?
本当の「トモダチ」って?
あたりまえにある「いのち」は、きせきなんだよ、
ひとつもむだな「いのち」なんてないんだよ。
だから「いきる」んだ。
ひとつしかないこの「ちきゅう」で
いっしょに「わらって」
いっしょに「あるいて」
いっしょに「いきる」ひとつしかないこの「ちきゅう」で
いっしょに「あいして」
いっしょに「そだてて」
いっしょに「いきる」このちきゅうで「いきる」いのちあふれる地球

*「いのちの授業」の映像挿入メッセージより

教育関係の方へ

posted in: 講演・依頼 | 0
いのちの授業について

教育関係向の「いのちの授業」は、6歳までの「いのち」を精いっぱい輝かせた「小児がんの少女と家族の姿」=いのちの実話を通じて、「いのち」「家族」「幸せ」「生死」をみつめます。

講師:鈴木中人が語る、「生き抜く、支え合う、ありがとう、笑顔を大切にしよう」「絶対、親より早く死んではいけない」「生きるんだ」との感動メッセージは、子どもの心も、大人も心も揺さぶり、生きる力を芽吹かせます。

「いのちの授業」のプログラムは、園児・小学生・中学生・一般、教職員・保護者・親子向に多様なテーマがあります。いのちの教育、人権、いじめ・自殺対策、がん教育、家族ふれあいセミナーなどとして、学校・PTA・教職員研修・行政・地域での勉強会で開催されています。

いのちに向き合う感動の「いのちの授業」として、テレビ(NHKドキュメンタリー、テレビ寺子屋他)・ラジオ(NHKラジオ深夜便他)・新聞(読売、朝日、毎日、中日他)・雑誌などでも紹介されています。

心を揺さぶる感動の講演・セミナーとして、30万人を超える方が参加されています。小学校道徳の教科書(学研教育みらい)にもなっています。

「いのちの授業」は、オンラインでも対応しています。

中学校での「いのちの授業」動画

絵本の朗読動画

教育関係向の「いのちの授業」は、6歳までの「いのち」を精いっぱい輝かせた「小児がんの少女と家族の姿」=いのちの実話を通じて、「いのち」「家族」「生死」をみつめます。講師:鈴木中人が語る、「生き抜く、支え合う、ありがとう、笑顔を大切にしよう」「絶対、親より早く死んではいけない」「生きるんだ」との感動メッセージは、子どもの心も、大人も心も揺さぶり、生きる力を芽吹かせます。「いのちの授業」のプログラムは、園児・小学生・中学生・一般、教職員・保護者・親子向に多様なテーマがあります。いのちの教育、人権、いじめ・自殺対策、がん教育、家族ふれあいセミナーなどとして、学校・PTA・教職員研修・行政・地域での勉強会で開催されています。

いのちに向き合う感動の「いのちの授業」として、テレビ(NHKドキュメンタリー、テレビ寺子屋他)・ラジオ(NHKラジオ深夜便他)・新聞(読売、朝日、毎日、中日他)・雑誌などでも紹介されています。

心を揺さぶる感動の講演・セミナーとして、30万人を超える方が参加されています。小学校道徳の教科書(学研教育みらい)にもなっています。

「いのちの授業」は、オンラインでも対応しています。

中学校での「いのちの授業」動画

絵本の朗読動画

主な講演テーマ
内容
時間(分)
対象
「いのちの授業~いのちのバトンタッチ」

小児がんの少女と家族の姿を通じて、いのちの大切さや家族の絆をみつめます。誰もが感動できる最もポピュラーな内容です。
小学校・道徳の教科書にもなりました。

①園児向
(30+一般30)
②小学生向
(50~60)
③中学生・高校生向
(60~75)
④一般向
(60~90)オンラインでも対応
小中学校
高校
幼保育園
いじめ・自殺対策
PTA
人権
子育て生き方セミナー
「いのちの授業~いのちを大切にする心を育む」

いのちの活動での実体験(子どもや親からのメッセージ、エピソード)をもとに、いのちの授業に加えて、いのちを大切にする心を育むためのポイントを語ります。
がん教育のポイントも追加した内容も好評です。

60~100

オンラインでも対応

教育セミナー
PTA
いじめ・自殺対策
人権、教職員研修
子育て
がん教育
「いのちの授業~6さいのおよめさん」

いのちの授業の中に、絵本「6さいのおよめさん」の朗読と思いも語ります。特に親子向におすすめです。
小学校・道徳の教科書にもなりました。

60

オンラインでも対応

小学校
幼保育園
PTA
いじめ・自殺対策
家族触れ合い
がん教育を『いのち』学ぶ場に」

いのちの活動や小児がん支援体験をもとに、いのちの教育&がん教育を実践するに当たり、心に届く授業づくりのポイント(授業の意味、心すること、具体的な授業事例等)を語ります。
なお、一般教育研修向「いのちの授業~いのちを大切にする心を育む」に「がん教育」のポイントを加えた内容も好評です。厚生労働省 がん対策推進協議会にて、「がん・小児がんを学ぶ」教育の推進について提言(2019.6.28)
60~90

オンラインでも対応

教育セミナー
教職員研修
がん教育
「いのちの授業~がんを知り、いのちの大切さを学ぼう」

小学生向、中学生以上向「いのちの授業~いのちのバトンタッチ」に、がん教育のエッセンスを加えた授業(講演スタイル)。
小児がんの少女と家族の姿を通じて、「いのち+がん」を学ぶものです。学校や医療関係などでの「がん啓発」としてもお勧めです。

厚生労働省 がん対策推進協議会にて、「がん・小児がんを学ぶ」教育の推進について提言(2019.6.28)

60~90

オンラインでも対応

小中学校
高校
がん教育
「幸せの授業 ~ きっと幸せになれるから」

「いのちの授業」の「幸せバージョン」です!七つの幸せ物語=「お皿」「朝顔」「病室の灯」「豆腐屋さん」「ラストダンス」「はい、チーズ」「およめさん」などをお話しします。「いのちの授業」での出会い、感動、気づきを通じて、「幸せ」をみつめます。

人生の目的は、幸せになることです。幸せとは、幸せな人生とは、幸せに生きるヒントをお届けします。
「きっと、幸せになれるから」「生きよう!」と心から実感していただけます。大人も子どもも、感動と気づきの講演会(60~80分)として大人気上昇です。

60~90

オンラインでも対応

子育て
学校
生き方セミナー
人材育成
「いのちの授業~親子塾」

小学生向「いのちの授業」に、車イス・ブラインドウォーク、ありがとうカードの作成&語り合いなど、家族体験参加型のセミナー。

120~半日 教育セミナー
PTA
子育てセミナー
家族イベント
「いのちの講座」

確かないのちへの思いをもつ専門職を育むための特別講座。内容は、上記コースの講演、ワークショップなども取り入れて深堀りします。

90×10コマ
主催ニーズに応じてアレンジオンラインでも対応
専門職キャリア研修
大学・専門学校の講座
「いのちのバトンタッチ、その思い」

青木新門さんは、納棺夫、作家、映画「おくりびと」のモデルとも言われます。いのちをバトンタッする会の命名も頂きました。その出会いと私の体験(闘病死別、悲嘆、早期退職、いのちの活動)をもとに、いのちのバトンタッチの思いをみつめます。➀自分が生まれ変わる、②いのちのバトンの覚悟、➂生老病死を安心して生きる、生死一如など、幸せに生きるためのヒントがいっぱいです。

60~90

オンラインでも対応

生き方・自己改革セミナー、グリーフケア
「祈ることを考える~大いなるものとの対話」

「いただきます・ごちそうさま」「どうか幸せになりますように」「安らかに」など、手を合わす営みをしています。いのちを深くみつめると、大いなるものとの対話へと思いが広がっていきます。祈る=手を合わすことは、人間だけがする行為です。私の「祈り体験」、日本の祈りの歴史、巡礼・霊場の思いなどを通じて、生かされている・畏敬の念を実感し、人間としての心根を育みます。

60~90

オンラインでも対応

生き方・自己改革セミナー、心の教育セミナー

 

「いのちの授業~いのちのバトンタッチ」

小児がんの少女と家族の姿を通じて、いのちの大切さや家族の絆をみつめます。誰もが感動できる最もポピュラーな内容です。
小学校・道徳の教科書にもなりました。


時間(分)

①園児向(30+一般30)
②小学生向(50~60)
③中学生・高校生向(60~75)
④一般向(60~90)

対象

小中学校、高校、幼保育園、いじめ・自殺対策、PTA、人権、子育て生き方セミナー

「いのちの授業~いのちを大切にする心を育む」

いのちの活動での実体験(子どもや親からのメッセージ、エピソード)をもとに、いのちの授業に加えて、いのちを大切にする心を育むためのポイントを語ります。
がん教育のポイントも追加した内容も好評です。


時間(分)

60~100

対象

教育セミナー、PTA、いじめ・自殺対策、人権、教職員研修、子育て、がん教育

「いのちの授業~6さいのおよめさん」

いのちの授業の中に、絵本「6さいのおよめさん」の朗読と思いも語ります。特に親子向におすすめです。
小学校・道徳の教科書にもなりました。


時間(分)

60

対象

小学校、幼保育園、PTA、いじめ・自殺対策、家族触れ合い

がん教育を『いのち』学ぶ場に」

いのちの活動や小児がん支援体験をもとに、いのちの教育&がん教育を実践するに当たり、心に届く授業づくりのポイント(授業の意味、心すること、具体的な授業事例等)を語ります。
なお、一般教育研修向「いのちの授業~いのちを大切にする心を育む」に「がん教育」のポイントを加えた内容も好評です。

厚生労働省 がん対策推進協議会にて、「がん・小児がんを学ぶ」教育の推進について提言(2019.6.28)


時間(分)

60~90

対象

教育セミナー、教職員研修、がん教育

「いのちの授業~がんを知り、いのちの大切さを学ぼう」

小学生向、中学生以上向「いのちの授業~いのちのバトンタッチ」に、がん教育のエッセンスを加えた授業(講演スタイル)。
小児がんの少女と家族の姿を通じて、「いのち+がん」を学ぶものです。学校や医療関係などでの「がん啓発」としてもお勧めです。

厚生労働省 がん対策推進協議会にて、「がん・小児がんを学ぶ」教育の推進について提言(2019.6.28)


時間(分)

60~90

対象

小中学校、高校、がん教育

「幸せの授業 ~ きっと幸せになれるから」

「いのちの授業」の「幸せバージョン」です!七つの幸せ物語=「お皿」「朝顔」「病室の灯」「豆腐屋さん」「ラストダンス」「はい、チーズ」「およめさん」などをお話しします。「いのちの授業」での出会い、感動、気づきを通じて、「幸せ」をみつめます。

人生の目的は、幸せになることです。幸せとは、幸せな人生とは、幸せに生きるヒントをお届けします。
「きっと、幸せになれるから」「生きよう!」と心から実感していただけます。大人も子どもも、感動と気づきの講演会(60~80分)として大人気上昇です。

時間(分)

60~90

対象

子育て、学校、生き方セミナー、人材育成

「いのちの授業~親子塾」

小学生向「いのちの授業」に、車イス・ブラインドウォーク、ありがとうカードの作成&語り合いなど、家族体験参加型のセミナー。


時間(分)

120~半日

対象

教育セミナー、PTA、子育てセミナー、家族イベント

「いのちの講座」

確かないのちへの思いをもつ専門職を育むための特別講座。内容は、上記コースの講演、ワークショップなども取り入れて深堀りします。


時間(分)

90×10コマ
主催ニーズに応じてアレンジ

対象

専門職キャリア研修、大学・専門学校の講座

「いのちのバトンタッチ その思い」

青木新門さんは、納棺夫、作家、映画「おくりびと」のモデルとも言われます。いのちをバトンタッする会の命名も頂きました。その出会いと私の体験(闘病死別、悲嘆、早期退職、いのちの活動)をもとに、いのちのバトンタッチの思いをみつめます。➀自分が生まれ変わる、②いのちのバトンの覚悟、➂生老病死を安心して生きる、生死一如など、幸せに生きるためのヒントがいっぱいです。青木新門さんは、納棺夫、作家、映画「おくりびと」のモデルとも言われます。

時間(分)

60~90

対象

生き方・自己改革セミナー、グリーフケア

「祈ることを考える~大いなるものとの対話」

「いただきます・ごちそうさま」「どうか幸せになりますように」「安らかに」など、手を合わす営みをしています。いのちを深くみつめると、大いなるものとの対話へと思いが広がっていきます。祈る=手を合わすことは、人間だけがする行為です。私の「祈り体験」、日本の祈りの歴史、巡礼・霊場の思いなどを通じて、生かされている・畏敬の念を実感し、人間としての心根を育みます。

時間(分)

60~90

対象

生き方・自己改革セミナー、心の教育セミナー

開催実績
幼稚園、子ども園、保育園
学校 小学校、中学校、高校、専門学校、大学
教育 PTA大会、教職員研修、学校保健大会、道徳大会、校長会 等
行政 人権大会、青少年育成大会、自殺対策
地域 倫理法人会、青年会議所、商工会、法人会、子育てセミナー、家族触れ合いセミナー 他

幼稚園、子ども園、保育園
学校 小学校、中学校、高校、専門学校、大学
教育 PTA大会、教職員研修、学校保健大会、道徳大会、校長会 等
行政 人権大会、青少年育成大会、自殺対策
地域 倫理法人会、青年会議所、商工会、法人会、子育てセミナー、家族触れ合いセミナー 他
参加された方の声

子どもたち

「けいこちゃんは、びょうきになってもいっしょうけんめいにがんばったり、しゅくだいをしたり、すごいと思った。いのちは、ひとりに1こしかないから、わたしのいのちも、ともだちのいのちも大切にしたいです」(小学生)
「かわいそうだった。しんだら生きかえらないから、かんたんに『しねばいい』なんて言わない。のこされた人がたくさんなみだをながす。お父さんお母さんより先にしなない」(小学生)
「ぼくもおばあちゃんがなくなったから悲しいです。今までいた人が急にいなくなると、何かふしぎだし、もう会えないし、話せないからつらいです。それで、よくおばあちゃんがやっていたことを思い出します。これが命のつながりかなあと思いました」(小学生)
「小児がんという病気があることをはじめて知りました。その子たちもいっぱいがんばっていると思いました。病気とたたかっている友だちも、みんなかわらずなかよくしたい」(小学生)
「あって当たり前だった命の大切さをまじまじと考えさせられました。命の授業を聞くまでは、死ぬということを考えたことがありませんでした。命の授業を聞いた後は、命を大切にしていこうと本気で思いました」(中学生)
「私にとって普通の当たり前のことでも、もしかしたらできなくなってしまうことがあるんだと悲しくなりました。逆にそれができる今はとてもすばらしい時間だから、一日一日大切にしていかないといけないと思いました」(中学生)
「命を輝かすと言うことは、命の長さではなく、どのように生きたかが輝く、輝かないだと思いました」(中学生)
「自分の命は自分だけのものじゃないってことを改めて思い知りました。命はいろんな人のバトンタッチでつなげられているんだと思います」(中学生)
「私は、自傷をくりかえし、死にたい、死にたいと思っていました。授業を聞いていて、親の愛の深さに涙が止まりませんでした。特に、『絶対、親より早く死んではいけない』という言葉が響きました。親に会いたくなりました」(高校生)

大人たち

「子どもと一緒に泣きました。今、子どもに伝えなければならない一番大切なことが『いのち』だと気づきました。家族って本当に大切だと心に響きました」(母親)
「二人の娘の元気な姿を見ると、『生まれてきてくれてありがとう!生きていてくれてありがとう!』と何度も思いながら涙があふれました。生きていることへの喜び、感謝、意味、子どもたちにもきっと届いたと思います」(母親)
「本当にムダな命はないですね。大切な命 一つしかない命 この世に生を受けた者として大事にしていかなくてはと思います。子どもともう一度命って大事ということを話します。子どもは親より先に死んではだめです」(母親)
「娘がいじめで部活を辞めました。娘も、きっと生き抜くことを感じてくれたと思います。みんなで、いのちの授業を聴いてほしいです」(母親)
「生きていることに、鈍感になっている自分に気がつきました。周りの人に生かされていることに感謝し、生き抜く勇気をいただきました。いのちの授業が、生きる喜びや人を大切にする心を育み、今の悲しい世の中を変えていくと思います」(父親)
「バーチャル情報があふれる世の中。生と死、愛のことをリアルな体験として、子どもに伝えなくてはと強く感じました」(父親)
「担任した子どもを小児がんや事故で亡くしました。今、きれごとではなく真剣に命の大切さを伝えようと努力しています。死と隣りあわせの命。一人では決して支えきれない命。死後も生きつづける命。本当にあります」(教師)
「いのちの教育を毎年学校で行っていますが、これほど、心にぐっとくる授業をしていないと反省しました。いのちの大切さを自分自身が強く感じただけでなく、子どもたちに『伝えたい』『伝えねば』と強く感じました」(教師)


子どもたち

「けいこちゃんは、びょうきになってもいっしょうけんめいにがんばったり、しゅくだいをしたり、すごいと思った。いのちは、ひとりに1こしかないから、わたしのいのちも、ともだちのいのちも大切にしたいです」(小学生)
「かわいそうだった。しんだら生きかえらないから、かんたんに『しねばいい』なんて言わない。のこされた人がたくさんなみだをながす。お父さんお母さんより先にしなない」(小学生)
「ぼくもおばあちゃんがなくなったから悲しいです。今までいた人が急にいなくなると、何かふしぎだし、もう会えないし、話せないからつらいです。それで、よくおばあちゃんがやっていたことを思い出します。これが命のつながりかなあと思いました」(小学生)
「小児がんという病気があることをはじめて知りました。その子たちもいっぱいがんばっていると思いました。病気とたたかっている友だちも、みんなかわらずなかよくしたい」(小学生)
「あって当たり前だった命の大切さをまじまじと考えさせられました。命の授業を聞くまでは、死ぬということを考えたことがありませんでした。命の授業を聞いた後は、命を大切にしていこうと本気で思いました」(中学生)
「私にとって普通の当たり前のことでも、もしかしたらできなくなってしまうことがあるんだと悲しくなりました。逆にそれができる今はとてもすばらしい時間だから、一日一日大切にしていかないといけないと思いました」(中学生)
「命を輝かすと言うことは、命の長さではなく、どのように生きたかが輝く、輝かないだと思いました」(中学生)
「自分の命は自分だけのものじゃないってことを改めて思い知りました。命はいろんな人のバトンタッチでつなげられているんだと思います」(中学生)
「私は、自傷をくりかえし、死にたい、死にたいと思っていました。授業を聞いていて、親の愛の深さに涙が止まりませんでした。特に、『絶対、親より早く死んではいけない』という言葉が響きました。親に会いたくなりました」(高校生)

大人たち

「子どもと一緒に泣きました。今、子どもに伝えなければならない一番大切なことが『いのち』だと気づきました。家族って本当に大切だと心に響きました」(母親)
「二人の娘の元気な姿を見ると、『生まれてきてくれてありがとう!生きていてくれてありがとう!』と何度も思いながら涙があふれました。生きていることへの喜び、感謝、意味、子どもたちにもきっと届いたと思います」(母親)
「本当にムダな命はないですね。大切な命 一つしかない命 この世に生を受けた者として大事にしていかなくてはと思います。子どもともう一度命って大事ということを話します。子どもは親より先に死んではだめです」(母親)
「娘がいじめで部活を辞めました。娘も、きっと生き抜くことを感じてくれたと思います。みんなで、いのちの授業を聴いてほしいです」(母親)
「生きていることに、鈍感になっている自分に気がつきました。周りの人に生かされていることに感謝し、生き抜く勇気をいただきました。いのちの授業が、生きる喜びや人を大切にする心を育み、今の悲しい世の中を変えていくと思います」(父親)
「バーチャル情報があふれる世の中。生と死、愛のことをリアルな体験として、子どもに伝えなくてはと強く感じました」(父親)
「担任した子どもを小児がんや事故で亡くしました。今、きれごとではなく真剣に命の大切さを伝えようと努力しています。死と隣りあわせの命。一人では決して支えきれない命。死後も生きつづける命。本当にあります」(教師)
「いのちの教育を毎年学校で行っていますが、これほど、心にぐっとくる授業をしていないと反省しました。いのちの大切さを自分自身が強く感じただけでなく、子どもたちに『伝えたい』『伝えねば』と強く感じました」(教師)
いのちの授業の申込

「講演依頼」ページからお申し込みください。

▶︎ 講演依頼ページ

 

医療・福祉・介護関係の方へ

posted in: 講演・依頼 | 0
いのちの授業について

医療福祉関係向の「いのちの授業」は、6歳までの「いのち」を精いっぱい輝かせた「小児がんの少女と家族の姿」、看取りと死別、子どもを亡くした逆縁の悲嘆=いのちの実話を通じて、「いのち」「生死」「幸せ」「良き医療とは」「患者家族の思い」をみつめます。また、親の介護体験を通じて「老いる」「介護の意味」なども考えます。

講師:鈴木中人が患者家族・遺族として語る、「良き医療を確保するために」「尊厳ある生」「大切な人をおくること」「医療者の使命」「医学は科学、医療は人間愛」「生き抜く、支え合う、ありがとう、笑顔を大切にしよう」「絶対、親より早く死んではいけない」との感動メッセージは、心を揺さぶります。

「いのちの授業」のプログラムは、医療・福祉・介護者向に多様なテーマがあります。患者家族の思いを知る、生命倫理観や職業使命感を醸成する講演として、専門学校・大学・医療・福祉・高齢者施設・行政・企業などで開催されています。また、看護専門学校や医学部などにおいて医療専門講座にもなっています。

いのちに向き合う感動の「いのちの授業」として、テレビ(NHKドキュメンタリー、テレビ寺子屋他)・ラジオ(NHKラジオ深夜便他)・新聞(読売、朝日、毎日、中日他)・雑誌などでも紹介されています。

「いのちの授業」は、心を揺さぶる感動の講演・セミナーとして、30万人を超える方が参加されています。

「いのちの授業」は、オンラインでも対応しています。

医療福祉関係向の「いのちの授業」は、6歳までの「いのち」を精いっぱい輝かせた「小児がんの少女と家族の姿」、看取りと死別、子どもを亡くした逆縁の悲嘆=いのちの実話を通じて、「いのち」「生死」「幸せ」「良き医療とは」「患者家族の思い」をみつめます。また、親の介護体験を通じて「老いる」「介護の意味」なども考えます。講師:鈴木中人が患者家族・遺族として語る、「良き医療を確保するために」「尊厳ある生」「大切な人をおくること」「医療者の使命」「医学は科学、医療は人間愛」「生き抜く、支え合う、ありがとう、笑顔を大切にしよう」「絶対、親より早く死んではいけない」との感動メッセージは、心を揺さぶります。

「いのちの授業」のプログラムは、医療・福祉・介護者向に多様なテーマがあります。患者家族の思いを知る、生命倫理観や職業使命感を醸成する講演として、専門学校・大学・医療・福祉・高齢者施設・行政・企業などで開催されています。また、看護専門学校や医学部などにおいて医療専門講座にもなっています。

いのちに向き合う感動の「いのちの授業」として、テレビ(NHKドキュメンタリー、テレビ寺子屋他)・ラジオ(NHKラジオ深夜便他)・新聞(読売、朝日、毎日、中日他)・雑誌などでも紹介されています。

「いのちの授業」は、心を揺さぶる感動の講演・セミナーとして、30万人を超える方が参加されています。



主な講演テーマ
内容
時間(分)
対象
「いのちと医療・福祉・介護」

小児がんの闘病・死別、グリーフケア、いのちの教育、介護体験などをもとに、患者家族の目線から、患者家族の思い、良き医療、専門職としての使命・老いることなどをみつめます。

60~120

オンラインでも対応

医療福祉介護の学校、病院・介護施設、研究大会、関係企業研修
「大切な人をおくること」

死別、逆縁、グリーフケアを通じて、大切な人を喪うこと、悲嘆とその思い、明日への希望、幸せについて語る。

60~90

オンラインでも対応

医療福祉介護の学校
病院・介護施設
生き方セミナー
「幸せの授業 ~ きっと幸せになれるから」

「いのちの授業」の「幸せバージョン」です!七つの幸せ物語=「お皿」「朝顔」「病室の灯」「豆腐屋さん」「ラストダンス」「はい、チーズ」「およめさん」などをお話しします。「いのちの授業」での出会い、感動、気づきを通じて、「幸せ」をみつめます。

人生の目的は、幸せになることです。幸せとは、幸せな人生とは、幸せに生きるヒントをお届けします。
「きっと、幸せになれるから」「生きよう!」と心から実感していただけます。大人も子どもも、感動と気づきの講演会(60~80分)として大人気上昇です。

60~90

オンラインでも対応

子育て
学校
生き方セミナー
人材育成
「いのちの講座」

確かないのちへの思いをもつ専門職(医療者、介護者、社会福祉、教職者)を育むための特別講座。内容は、上記コースの講演、ワークショップなども取り入れて。

90分×10コマ
主催ニーズに応じてアレンジオンラインでも対応
専門職キャリア研修
大学・専門学校の講座
「いのちのバトンタッチ、その思い」

青木新門さんは、納棺夫、作家、映画「おくりびと」のモデルとも言われます。いのちをバトンタッする会の命名も頂きました。その出会いと私の体験(闘病死別、悲嘆、早期退職、いのちの活動)をもとに、いのちのバトンタッチの思いをみつめます。➀自分が生まれ変わる、②いのちのバトンの覚悟、➂生老病死を安心して生きる、生死一如など、幸せに生きるためのヒントがいっぱいです。

60~90

オンラインでも対応

生き方・自己改革セミナー、グリーフケア
「祈ることを考える~大いなるものとの対話」

「いただきます・ごちそうさま」「どうか幸せになりますように」「安らかに」など、手を合わす営みをしています。いのちを深くみつめると、大いなるものとの対話へと思いが広がっていきます。祈る=手を合わすことは、人間だけがする行為です。私の「祈り体験」、日本の祈りの歴史、巡礼・霊場の思いなどを通じて、生かされている・畏敬の念を実感し、人間としての心根を育みます。

60~90

オンラインでも対応

生き方・自己改革セミナー、心の教育セミナー

 

「いのちと医療~いのちへの確かな思いを育む」

小児がんの闘病・死別、グリーフケア、いのちの教育、介護体験などをもとに、患者家族の目線から、患者家族の思い、良き医療、専門職としての使命・老いることなどをみつめます。

時間(分)

60~120

対象

医療福祉介護の学校、病院・介護施設、研究大会、関係企業研修

「大切な人をおくること」

死別、逆縁、グリーフケアを通じて、大切な人を喪うこと、悲嘆とその思い、明日への希望、幸せについて語る。

時間(分)

60~90

対象

医療福祉介護の学校、病院・介護施設、生き方セミナー

「幸せの授業 ~ きっと幸せになれるから」

「いのちの授業」の「幸せバージョン」です!七つの幸せ物語=「お皿」「朝顔」「病室の灯」「豆腐屋さん」「ラストダンス」「はい、チーズ」「およめさん」などをお話しします。「いのちの授業」での出会い、感動、気づきを通じて、「幸せ」をみつめます。

人生の目的は、幸せになることです。幸せとは、幸せな人生とは、幸せに生きるヒントをお届けします。
「きっと、幸せになれるから」「生きよう!」と心から実感していただけます。大人も子どもも、感動と気づきの講演会(60~80分)として大人気上昇です。

時間(分)

60~90

対象

子育て、学校、生き方セミナー、人材育成

「いのちの講座」

確かないのちへの思いをもつ専門職(医療者、介護者、社会福祉、教職者)を育むための特別講座。内容は、上記コースの講演、ワークショップなども取り入れて。

時間(分)

90分×10コマ。主催ニーズに応じてアレンジ

対象

専門職キャリア研修、大学・専門学校の講座

「いのちのバトンタッチ その思い」

青木新門さんは、納棺夫、作家、映画「おくりびと」のモデルとも言われます。いのちをバトンタッする会の命名も頂きました。その出会いと私の体験(闘病死別、悲嘆、早期退職、いのちの活動)をもとに、いのちのバトンタッチの思いをみつめます。➀自分が生まれ変わる、②いのちのバトンの覚悟、➂生老病死を安心して生きる、生死一如など、幸せに生きるためのヒントがいっぱいです。

時間(分)

60~90

対象

生き方・自己改革セミナー、グリーフケア

「祈ることを考える~大いなるものとの対話」

「いただきます・ごちそうさま」「どうか幸せになりますように」「安らかに」など、手を合わす営みをしています。いのちを深くみつめると、大いなるものとの対話へと思いが広がっていきます。祈る=手を合わすことは、人間だけがする行為です。私の「祈り体験」、日本の祈りの歴史、巡礼・霊場の思いなどを通じて、生かされている・畏敬の念を実感し、人間としての心根を育みます。

時間(分)

60~90

対象

生き方・自己改革セミナー、心の教育セミナー

開催実績
学校 医療・福祉・看護専門学校、大学(医学部、看護学部、臨床心理学部)
医療福祉機関 病院での職員研修会、医師会・薬剤師会、関係の学会、介護施設での研修会 他
行政 社会福祉協議会、がん・小児がん啓発、健康福祉セミナー
地域 患者家族会、ホスピス研究会、グリーフケア研究会、他
企業 製薬企業、医療メーカ、医療サービス企業

 

学校 医療・福祉・看護専門学校、大学(医学部、看護学部、臨床心理学部)
医療福祉機関 病院での職員研修会、医師会・薬剤師会、関係の学会、介護施設での研修会 他
行政 社会福祉協議会、がん・小児がん啓発、健康福祉セミナー
地域 患者家族会、ホスピス研究会、グリーフケア研究会、他
企業 製薬企業、医療メーカ、医療サービス企業

 

参加された方の声
患者家族の戸惑いや要望、医療者のプロとして必要なことを学びました。実体験を語られるということはとてもつらいことであるでしょうに、鈴木先生は私たちにしっかり届けたい知ってほしいという思いで、強く真に迫って私たちにお話くださり、私は自然と涙があふれていました。(学生)
最も心に残ったことは、医師が普段何気ないときにかけた言葉は、死という結果に終わった家族のグリーフケアになることです。患者の生や死と向き合っていくときに、患者の気持ちに寄り添って、患者とその家族を支え、守れる医師になっていきたいです。(学生)
医療従事者自身が気づけない、新しい視点からの話を聞かせてもらえて本当に良かった。プロというのは、確かな「いのち」への思いがある人が強く心に残った。(ソーシャルワーカー)
「いのち」とどのように向き合っていくべきか、何を大切に思い、そのためにどのように生きていくべきかを考えさせられました。医療者として一番大切な志を本日は学ぶことができました。(看護師)
確かな技量、人間愛、そして覚悟、これらをしっかりと身に着けていれば、医療従事者の使命である「いのちを支え守ること」できる。患者さんに対してもその家族に対しても、本当に良い医療が実践できることを感じた。(看護師)
今まで何十人もの最期のみとりに関わったが、家族にどのような声かけをしたらよいのか分からず、「患者さんの側に行って手を握ってあげてください」や「聞こえているので声をかけてあげてください」という声かけくらいしか出来ず、本当にこのような声かけでいいのかずっと考えています。今日の話を聞き、家族に寄り添うことが大切という事を聞き、私の心が少しスッキリした気がする。(介護施設職員)
普段の仕事の中で、命について考える機会は殆どなくなっていた。何げない生活の大切さを改めて感じることができた。患者・家族側から医療者としてどうあるべきかを教わり、今後の業務の中で患者の家族とどう関わるか考えなくてはいけないと強く思った。(医療事務職)
命を預かる仕事であると分かっていても、日常化、業務化してしまっている現状がある中、いのちの重みについて感動的な講演をしてもらい、もう一度見つめ直していきたいと思った。新人や学生にも何かの形で伝えていきたい。(医師)
悲嘆プロセスの話がすごく納得できた。患者が死亡後に家族に寄り添っているとその亡くなった患者との思い出や亡くなる直前のことなど「ストーリー」を話してくれる家族に連続してあたったのは、そういことだったんだと思った。寄り添うことで家族が気持ちの整理ができるように関りたいと思った。(医師)
いのちを考えるとてもいい講演でした。実際に死の場面に何度も立ちあう現場で仕事をしていて、患者・家族という立場も考え、そこに寄り添い、医療者の立場を大事にして仕事していきたいと、していかなければと改めて思った。(医師)

患者家族の戸惑いや要望、医療者のプロとして必要なことを学びました。実体験を語られるということはとてもつらいことであるでしょうに、鈴木先生は私たちにしっかり届けたい知ってほしいという思いで、強く真に迫って私たちにお話くださり、私は自然と涙があふれていました。(学生)
最も心に残ったことは、医師が普段何気ないときにかけた言葉は、死という結果に終わった家族のグリーフケアになることです。患者の生や死と向き合っていくときに、患者の気持ちに寄り添って、患者とその家族を支え、守れる医師になっていきたいです。(学生)
医療従事者自身が気づけない、新しい視点からの話を聞かせてもらえて本当に良かった。プロというのは、確かな「いのち」への思いがある人が強く心に残った。(ソーシャルワーカー)
「いのち」とどのように向き合っていくべきか、何を大切に思い、そのためにどのように生きていくべきかを考えさせられました。医療者として一番大切な志を本日は学ぶことができました。(看護師)
確かな技量、人間愛、そして覚悟、これらをしっかりと身に着けていれば、医療従事者の使命である「いのちを支え守ること」できる。患者さんに対してもその家族に対しても、本当に良い医療が実践できることを感じた。(看護師)
今まで何十人もの最期のみとりに関わったが、家族にどのような声かけをしたらよいのか分からず、「患者さんの側に行って手を握ってあげてください」や「聞こえているので声をかけてあげてください」という声かけくらいしか出来ず、本当にこのような声かけでいいのかずっと考えています。今日の話を聞き、家族に寄り添うことが大切という事を聞き、私の心が少しスッキリした気がする。(介護施設職員)
普段の仕事の中で、命について考える機会は殆どなくなっていた。何げない生活の大切さを改めて感じることができた。患者・家族側から医療者としてどうあるべきかを教わり、今後の業務の中で患者の家族とどう関わるか考えなくてはいけないと強く思った。(医療事務職)
命を預かる仕事であると分かっていても、日常化、業務化してしまっている現状がある中、いのちの重みについて感動的な講演をしてもらい、もう一度見つめ直していきたいと思った。新人や学生にも何かの形で伝えていきたい。(医師)
悲嘆プロセスの話がすごく納得できた。患者が死亡後に家族に寄り添っているとその亡くなった患者との思い出や亡くなる直前のことなど「ストーリー」を話してくれる家族に連続してあたったのは、そういことだったんだと思った。寄り添うことで家族が気持ちの整理ができるように関りたいと思った。(医師)
いのちを考えるとてもいい講演でした。実際に死の場面に何度も立ちあう現場で仕事をしていて、患者・家族という立場も考え、そこに寄り添い、医療者の立場を大事にして仕事していきたいと、していかなければと改めて思った。(医師)
いのちの授業の申込

「講演依頼」ページからお申し込みください。

▶︎ 講演依頼ページ

 

企業の方へ

posted in: 講演・依頼 | 0
いのちの研修について

いきいき働く、揺るぎなく生きるためには、心の根っこを育むことが大切です。そのキーワードがいのちです。「いのちの研修」では、本当に大切なこととは何か、どう生きるかどう働くかを問いかけます。

具体的には、講師・鈴木中人の実体験(企業人、闘病死別、早期退職、起業、介護)をもとに、自分の変え方、働く意味、人間関係、使命感、家族、生きる幸せなどをみつめます。共感・感動・発見の中で、組織人・社会人として、人間力と志のある人材を育成します。

働き方改革、ワークアンドライフバランス、メンタルヘルス、モチーベーション、安全、人間力などのテーマも含み、「企業版いのちの授業」として非常に高い人気があります。ワークショップや発表などを取り込んだ半日・1日・5回シリーズなどのセミナープログラムもあります。

いのちをキーワードした人間教育&いのちの研修として、テレビ(NHKドキュメンタリー、テレビ寺子屋他)・ラジオ(NHKラジオ深夜便他)・新聞(読売、朝日、毎日、中日他)・雑誌などでも紹介されています。

「いのちの授業」は、心を揺さぶる感動の講演・セミナーとして、30万人を超える方が参加されています。

「いのちの授業」は、オンラインでも対応しています。

いのちの研修の特集番組

いきいき働く、揺るぎなく生きるためには、心の根っこを育むことが大切です。そのキーワードがいのちです。「いのちの研修」では、本当に大切なこととは何か、どう生きるかどう働くかを問いかけます。具体的には、講師・鈴木中人の実体験(企業人、闘病死別、早期退職、起業、介護)をもとに、自分の変え方、働く意味、人間関係、使命感、家族、生きる幸せなどをみつめます。共感・感動・発見の中で、組織人・社会人として、人間力と志のある人材を育成します。

働き方改革、ワークアンドライフバランス、メンタルヘルス、モチーベーション、安全、人間力などのテーマも含み、「企業版いのちの授業」として非常に高い人気があります。ワークショップや発表などを取り込んだ半日・1日・5回シリーズなどのセミナープログラムもあります。

いのちをキーワードした人間教育&いのちの研修として、テレビ(NHKドキュメンタリー、テレビ寺子屋他)・ラジオ(NHKラジオ深夜便他)・新聞(読売、朝日、毎日、中日他)・雑誌などでも紹介されています。

「いのちの授業」は、心を揺さぶる感動の講演・セミナーとして、30万人を超える方が参加されています。

「いのちの授業」は、オンラインでも対応しています。

いのちの研修の特集番組



主な講演テーマ
内容
時間(分)
対象
「生きる幸せ、働く喜び」

講師の実体験(企業人、闘病死別、早期退職、起業、介護)をもとに、自分の変え方、働く意味、人間関係、気の持ち方、家族、幸せなどをみつめます。
働き方改革、ワークアンドライフバランス、メンタルケア、モチーベーション、安全などのテーマも含み、企業研修&経営セミナーとして非常に高い人気があります。
ワークショップも取り入れたシリーズセミナーも可能。

60~1日
半日×5回オンラインでも対応
社員研修
経営セミナー
安全大会
労働組合研修
「働き方をみつめ直す~介護・看護時代を迎え、生き方働き方を思う」

自分自身や家族の「病気」や「介護」と向き合いながら、働く時代になっています。
講師の実体験(企業人として闘病、介護)をもとに、看護・介護時代を迎えた働き方改革の意味、眼差しを考えます。

60~1日

オンラインでも対応

社員研修
経営セミナー
労働組合研修
「幸せの授業 ~ きっと幸せになれるから」

「いのちの授業」の「幸せバージョン」です!七つの幸せ物語=「お皿」「朝顔」「病室の灯」「豆腐屋さん」「ラストダンス」「はい、チーズ」「およめさん」などをお話しします。「いのちの授業」での出会い、感動、気づきを通じて、「幸せ」をみつめます。

人生の目的は、幸せになることです。幸せとは、幸せな人生とは、幸せに生きるヒントをお届けします。
「きっと、幸せになれるから」「生きよう!」と心から実感していただけます。大人も子どもも、感動と気づきの講演会(60~80分)として大人気上昇です。

60~90

オンラインでも対応

子育て
学校
生き方セミナー
人材育成
「いのちと医療・福祉・介護」

小児がんの闘病・死別、グリーフケア、いのちの教育、介護体験などをもとに、患者家族の目線から、患者家族の思い、良き医療、専門職としての使命・老いることなどをみつめます。

60~120

オンラインでも対応

製薬企業
医療介護サービス
「社会人となる君へのメッセージ」

社会人への第一歩を踏み出すに当たり、生きること、働くこと、家族のことなど、社会人として心構えを見つめます。新入社員や内定者懇談会向に人気です。

60~1日

オンラインでも対応

成人式
内定者懇談会
新入社員研修
「いのちのバトンタッチ その思い」

青木新門さんは、納棺夫、作家、映画「おくりびと」のモデルとも言われます。いのちをバトンタッする会の命名も頂きました。その出会いと私の体験(闘病死別、悲嘆、早期退職、いのちの活動)をもとに、いのちのバトンタッチの思いをみつめます。➀自分が生まれ変わる、②いのちのバトンの覚悟、➂生老病死を安心して生きる、生死一如など、幸せに生きるためのヒントがいっぱいです。

60~90

オンラインでも対応

生き方・自己改革セミナー、グリーフケア
「祈ることを考える~大いなるものとの対話」

「いただきます・ごちそうさま」「どうか幸せになりますように」「安らかに」など、手を合わす営みをしています。いのちを深くみつめると、大いなるものとの対話へと思いが広がっていきます。祈る=手を合わすことは、人間だけがする行為です。私の「祈り体験」、日本の祈りの歴史、巡礼・霊場の思いなどを通じて、生かされている・畏敬の念を実感し、人間としての心根を育みます。

60~90

オンラインでも対応

生き方・自己改革セミナー、心の教育セミナー

「生きる幸せ、働く喜び」

講師の実体験(企業人、闘病死別、早期退職、起業、介護)をもとに、自分の変え方、働く意味、人間関係、気の持ち方、家族、幸せなどをみつめます。
働き方改革、ワークアンドライフバランス、メンタルケア、モチーベーション、安全などのテーマも含み、企業研修&経営セミナーとして非常に高い人気があります。
ワークショップも取り入れたシリーズセミナーも可能。

時間(分)

60~1日、半日×5回

対象

社員研修、経営セミナー、安全大会、労働組合研修

「働き方をみつめ直す~介護・看護時代を迎え、生き方働き方を思う」

自分自身や家族の「病気」や「介護」と向き合いながら、働く時代になっています。
講師の実体験(企業人として闘病、介護)をもとに、看護・介護時代を迎えた働き方改革の意味、眼差しを考えます。

時間(分)

60~1日

対象

社員研修、経営セミナー、労働組合研修

「幸せの授業 ~ きっと幸せになれるから」

「いのちの授業」の「幸せバージョン」です!七つの幸せ物語=「お皿」「朝顔」「病室の灯」「豆腐屋さん」「ラストダンス」「はい、チーズ」「およめさん」などをお話しします。「いのちの授業」での出会い、感動、気づきを通じて、「幸せ」をみつめます。

人生の目的は、幸せになることです。幸せとは、幸せな人生とは、幸せに生きるヒントをお届けします。
「きっと、幸せになれるから」「生きよう!」と心から実感していただけます。大人も子どもも、感動と気づきの講演会(60~80分)として大人気上昇です。

時間(分)

60~90

対象

子育て、学校、生き方セミナー、人材育成

「いのちと医療・福祉・介護」

小児がんの闘病・死別、グリーフケア、いのちの教育、介護体験などをもとに、患者家族の目線から、患者家族の思い、良き医療、専門職としての使命・老いることなどをみつめます。

時間(分)

60~120

対象

製薬企業、医療介護サービス

「社会人となる君へのメッセージ」

社会人への第一歩を踏み出すに当たり、生きること、働くこと、家族のことなど、社会人として心構えを見つめます。新入社員や内定者懇談会向に人気です。

時間(分)

60~1日

対象

成人式、内定者懇談会、新入社員研修

「いのちのバトンタッチ その思い」

青木新門さんは、納棺夫、作家、映画「おくりびと」のモデルとも言われます。いのちをバトンタッする会の命名も頂きました。その出会いと私の体験(闘病死別、悲嘆、早期退職、いのちの活動)をもとに、いのちのバトンタッチの思いをみつめます。➀自分が生まれ変わる、②いのちのバトンの覚悟、➂生老病死を安心して生きる、生死一如など、幸せに生きるためのヒントがいっぱいです。

時間(分)

60~90

対象

生き方・自己改革セミナー、グリーフケア

「祈ることを考える~大いなるものとの対話」

「いただきます・ごちそうさま」「どうか幸せになりますように」「安らかに」など、手を合わす営みをしています。いのちを深くみつめると、大いなるものとの対話へと思いが広がっていきます。祈る=手を合わすことは、人間だけがする行為です。私の「祈り体験」、日本の祈りの歴史、巡礼・霊場の思いなどを通じて、生かされている・畏敬の念を実感し、人間としての心根を育みます。

時間(分)

60~90

対象

生き方・自己改革セミナー、心の教育セミナー

開催実績

・大手化学会社 ・大手電子部品会社 ・大手製薬会社 ・大手通信会社 ・電力会社 ・大手建設会社 ・大手生命保険会社 ・大手新聞社 ・銀行 ・信用金庫 ・労働組合 ・医療介護等の社会福祉法人 ・教育研修団体 ・経営者セミナー 等

・大手化学会社 ・大手電子部品会社 ・大手製薬会社 ・大手通信会社 ・電力会社 ・大手建設会社 ・大手生命保険会社 ・大手新聞社 ・銀行 ・信用金庫 ・労働組合 ・医療介護等の社会福祉法人 ・教育研修団体 ・経営者セミナー 等
参加された方の声
「今までの自分は、目先の損得や上手くやることばかりを追いかけていました。自分の甘さで約束も直 ぐ破ってしまい、他人は他人と心の底で思っていました。信頼を得るためには小さな約束を守る、言行一致、天の目を知る、その言葉が身にしみました。仲間の意見や思いを知ることもできてよかった です。自分一人だけでは生きられない。仲間と今日一日を頑張ります」(新入社員)
「生きるとは、働くとはについて、その意味を考えた。自分が今まで深く考えていなかったこと、知っ ているつもりであったことを改めて考え直す非常に良い時間でした。講演やグループワークを通じて、 仲間との縁や絆の大切さを再認識しました。ただ大切にするだけではなく、痛みや苦しみを共感し、 良縁にめぐまれるように自分を磨きます」(新入社員)
「たった一日でこれほど多くの『人が変わるチャンス』を与えてくれる研修は率直にすごいと思った。 『企業は人なり』という言葉通り、この研修は会社と私達、双方にとって有意義なものだったと思う」(中堅社員)
「いのちが粗末にされる時代において、心の土台を築くのに必要なエッセンスを学び取ることができた。 世は移ろっていくけれども、50 年、100 年先を見すえた人づくり、企業づくり、社会づくりを重大な 責務だと感じた。そのためには自分自身が、いのちの大切さを心にとめ、感謝と謙虚さ、素直さを心 がけていく。自己改革宣言をみんなの前にしたことで、自分を強くすることができた」(中堅社員)
「死合せの中の幸せ、その言葉が心に刻まれた。自分は‘死’どころか、日々の区切りもできずにダラダラと過ごしていた。本当に何が大切かなんて考えてこなかった。今を一生懸命に生きる! 自分の いのちを自分で輝かせる! 涙の中で、生きる力が芽吹くのを感じました」(中堅社員)
「一番印象に残ったのは、使命=限りある命をいかに使うか、その言葉です。生きることも、働くこと も一つ。生きることを考えずに、働くことは考えられません。人として生きる根幹を考えさせてもら いました。こんな素晴らしい研修を準備してくれた会社にも大感謝です」(管理職)
「一社会人としてだけではなく、家庭人として、人間として、これから何を考えなければいけないのか を学んだ。普通に生きていること、働けることのありがたさを本当に実感した。今日の講義のメモを 見直し、自分で掘り下げて‘志’をみつけたい」(管理職)
「毎日の競争、競争、競争・・・。数字、数字、数字の中で、見過ごしていたこと、本当に大切なこと を感動の中で気づかせてもらいました。とてもすがすがしい気分で一杯です。今日のことを部下や家 族にも話します」(管理職)
「生きること、働くこと、本当に大切なこととは、それを全社員が考えることが重要だと実感しました。 新入社員も、管理職も、役員も、みんな感じてくれるはずです。まず一人が良くなってこそ会社は良 くなる、全社員で聴いてもらいたい講演でした。感謝です」(経営者)

「今までの自分は、目先の損得や上手くやることばかりを追いかけていました。自分の甘さで約束も直 ぐ破ってしまい、他人は他人と心の底で思っていました。信頼を得るためには小さな約束を守る、言行一致、天の目を知る、その言葉が身にしみました。仲間の意見や思いを知ることもできてよかった です。自分一人だけでは生きられない。仲間と今日一日を頑張ります」(新入社員)
「生きるとは、働くとはについて、その意味を考えた。自分が今まで深く考えていなかったこと、知っ ているつもりであったことを改めて考え直す非常に良い時間でした。講演やグループワークを通じて、 仲間との縁や絆の大切さを再認識しました。ただ大切にするだけではなく、痛みや苦しみを共感し、 良縁にめぐまれるように自分を磨きます」(新入社員)
「たった一日でこれほど多くの『人が変わるチャンス』を与えてくれる研修は率直にすごいと思った。 『企業は人なり』という言葉通り、この研修は会社と私達、双方にとって有意義なものだったと思う」(中堅社員)
「いのちが粗末にされる時代において、心の土台を築くのに必要なエッセンスを学び取ることができた。 世は移ろっていくけれども、50 年、100 年先を見すえた人づくり、企業づくり、社会づくりを重大な 責務だと感じた。そのためには自分自身が、いのちの大切さを心にとめ、感謝と謙虚さ、素直さを心 がけていく。自己改革宣言をみんなの前にしたことで、自分を強くすることができた」(中堅社員)
「死合せの中の幸せ、その言葉が心に刻まれた。自分は‘死’どころか、日々の区切りもできずにダラダラと過ごしていた。本当に何が大切かなんて考えてこなかった。今を一生懸命に生きる! 自分の いのちを自分で輝かせる! 涙の中で、生きる力が芽吹くのを感じました」(中堅社員)
「一番印象に残ったのは、使命=限りある命をいかに使うか、その言葉です。生きることも、働くこと も一つ。生きることを考えずに、働くことは考えられません。人として生きる根幹を考えさせてもら いました。こんな素晴らしい研修を準備してくれた会社にも大感謝です」(管理職)
「一社会人としてだけではなく、家庭人として、人間として、これから何を考えなければいけないのか を学んだ。普通に生きていること、働けることのありがたさを本当に実感した。今日の講義のメモを 見直し、自分で掘り下げて‘志’をみつけたい」(管理職)
「毎日の競争、競争、競争・・・。数字、数字、数字の中で、見過ごしていたこと、本当に大切なこと を感動の中で気づかせてもらいました。とてもすがすがしい気分で一杯です。今日のことを部下や家 族にも話します」(管理職)
「生きること、働くこと、本当に大切なこととは、それを全社員が考えることが重要だと実感しました。 新入社員も、管理職も、役員も、みんな感じてくれるはずです。まず一人が良くなってこそ会社は良 くなる、全社員で聴いてもらいたい講演でした。感謝です」(経営者)
いのちの授業の申し込み

「講演依頼」ページからお申し込みください。

▶︎ 講演依頼ページ

 

ライフクリエイト研究所の概要

posted in: 鈴木中人の紹介 | 0
事業内容

企業・団体・行政・学校などにおいて、講演やセミナーを通じて、「いのち」「生きる幸せ、働く喜び」をキーワードに人材の育成をします。「人間教育」「自己革新」「ワークアンドライフバランス」「メンタルヘルス」「モチベーション」教育として、企業版いのちの授業として、企業・団体・労働組合などで開催されています。
また、いのち・家族・ライフに係る関係諸事業を展開します。

・講演やセミナー等の企画、運営、管理
・講演やセミナー等への人材派遣
・調査研究、情報収集、提供
・映像、画像、音楽、出版物、物品等の企画、制作、販売、管理
・関係事業の支援、経営

いのちの授業 いのちの授業 いのちの授業
いのちの授業

いのちの授業

いのちの授業

 

組織概要
社名 株式会社ライフクリエイト研究所(2009年9月設立)
代表取締役 鈴木 中人
所在 〒471-0868
愛知県豊田市神田町1-8-8
電話/FAX 0565-31-4399
メール life-ken@hm10.aitai.ne.jp

 

活動実績

●講演、セミナー等
・大手化学会社 ・大手電子部品会社 ・大手製薬会社 ・大手通信会社 ・電力会社 ・大手建設会社 ・大手生命保険会社 ・大手新聞社 ・銀行 ・信用金庫 ・労働組合 ・医療介護等の社会福祉法人 ・自治体 ・各種学校 ・教育研修団体 ・経営者セミナー 等

●映像等の企画、制作
・ドキュメンタリー映画の制作企画等


▶︎ プライバシーポリシー