がん 教育・支援

posted in: 主な活動 | 0
小児がん支援と「いのちの授業」

今、いじめ・自殺・虐待・心の病・少年犯罪など、いのちが粗末される出来事が続いています。家族や人との絆も崩れかけています。いのちを大切にする心を育むために、子どもたちの心に届く「いのちの授業」がますます求められています。

また、日本人の二人に一人は、がんになる時代です。毎年、新たに約二千~二千五百人の子どもが小児がんになっており、子どもの病死原因の第一位は小児がんです。小児がんの子どもたちは、治療(入院・通院)や経過観察をしつつ、さまざまな困難を抱えながら学校生活をしています。小児がんの子どもにとって、学校に行けることは生きる希望です。

がんが国民病となる中、学校ではがん教育が本格的に始まっています。家庭・学校・地域などにおいて、「がん・小児がん」を正しく理解して、「いのち」を学ぶ取り組みがより一層重要になっています。特に、学校現場においてその教育実践を根づかせていくことが切に望まれます。

当会の「いのちの授業」は、小児がんの少女と家族の姿を語ります。そこで、小児がん支援(ゴールドリボン活動)といのちの授業の社会啓発を願い、その活動に取組んでます。

詳しくはこちらをご覧ください

▶︎ ゴールドリボン・いのちの授業
▶︎「小児がんを知り いのちの大切さを 学校で学ぼう!」プロジェクト
▶︎「いのち と がん・小児がんの本を 学校に届けよう!」プロジェクト


 

いのちの授業 いのちの授業
いのちの授業
いのちの授業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です