教育関係の方へ

posted in: 講演・依頼 | 0
いのちの授業について

教育関係向の「いのちの授業」は、6歳までの「いのち」を精いっぱい輝かせた「小児がんの少女と家族の姿」=いのちの実話を通じて、「いのち」「家族」「生死」をみつめます。
 
講師:鈴木中人が語る、「生き抜く、支え合う、ありがとう、笑顔を大切にしよう」「絶対、親より早く死んではいけない」「生きるんだ」との感動メッセージは、子どもの心も、大人も心も揺さぶり、生きる力を芽吹かせます。
 
「いのちの授業」のプログラムは、園児・小学生・中学生・一般、教職員・保護者・親子向に多様なテーマがあります。いのちの教育、人権、いじめ・自殺対策、がん教育、家族ふれあいセミナーなどとして、学校・PTA・教職員研修・行政・地域での勉強会で開催されています。

いのちに向き合う感動の「いのちの授業」として、テレビ(NHKドキュメンタリー、テレビ寺子屋他)・ラジオ(NHKラジオ深夜便他)・新聞(読売、朝日、毎日、中日他)・雑誌などでも紹介されています。

心を揺さぶる感動の講演・セミナーとして、30万人を超える方が参加されています。小学校道徳の教科書(学研教育みらい)にもなっています。

中学校での「いのちの授業」動画

絵本の朗読動画

教育関係向の「いのちの授業」は、6歳までの「いのち」を精いっぱい輝かせた「小児がんの少女と家族の姿」=いのちの実話を通じて、「いのち」「家族」「生死」をみつめます。
 
講師:鈴木中人が語る、「生き抜く、支え合う、ありがとう、笑顔を大切にしよう」「絶対、親より早く死んではいけない」「生きるんだ」との感動メッセージは、子どもの心も、大人も心も揺さぶり、生きる力を芽吹かせます。
 
「いのちの授業」のプログラムは、園児・小学生・中学生・一般、教職員・保護者・親子向に多様なテーマがあります。いのちの教育、人権、いじめ・自殺対策、がん教育、家族ふれあいセミナーなどとして、学校・PTA・教職員研修・行政・地域での勉強会で開催されています。

いのちに向き合う感動の「いのちの授業」として、テレビ(NHKドキュメンタリー、テレビ寺子屋他)・ラジオ(NHKラジオ深夜便他)・新聞(読売、朝日、毎日、中日他)・雑誌などでも紹介されています。

心を揺さぶる感動の講演・セミナーとして、30万人を超える方が参加されています。小学校道徳の教科書(学研教育みらい)にもなっています。

中学校での「いのちの授業」動画

絵本の朗読動画

主な講演テーマ
内容
時間(分)
対象
「いのちの授業~いのちのバトンタッチ」

小児がんの少女と家族の姿を通じて、いのちの大切さや家族の絆をみつめます。誰もが感動できる最もポピュラーな内容です。
小学校・道徳の教科書にもなりました。

①園児向
(30+一般30)
②小学生向
(50~60)
③中学生・高校生向
(60~75)
④一般向
(60~90)
小中学校
高校
幼保育園
いじめ・自殺対策
PTA
人権
子育て生き方セミナー
「いのちの授業~いのちを大切にする心を育む」

いのちの活動での実体験(子どもや親からのメッセージ、エピソード)をもとに、いのちの授業に加えて、いのちを大切にする心を育むためのポイントを語ります。
がん教育のポイントも追加した内容も好評です。

60~100 教育セミナー
PTA
いじめ・自殺対策
人権、教職員研修
子育て
がん教育
「いのちの授業~6さいのおよめさん」

いのちの授業の中に、絵本「6さいのおよめさん」の朗読と思いも語ります。特に親子向におすすめです。
小学校・道徳の教科書にもなりました。

60 小学校
幼保育園
PTA
いじめ・自殺対策
家族触れ合い
がん教育を『いのち』学ぶ場に」

いのちの活動や小児がん支援体験をもとに、いのちの教育&がん教育を実践するに当たり、心に届く授業づくりのポイント(授業の意味、心すること、具体的な授業事例等)を語ります。
なお、一般教育研修向「いのちの授業~いのちを大切にする心を育む」に「がん教育」のポイントを加えた内容も好評です。

60~90 教育セミナー
教職員研修
がん教育
「いのちの授業~がんを知り、いのちの大切さを学ぼう」

小学生向、中学生以上向「いのちの授業~いのちのバトンタッチ」に、がん教育のエッセンスを加えた授業(講演スタイル)。
小児がんの少女と家族の姿を通じて、「いのち+がん」を学ぶものです。学校や医療関係などでの「がん啓発」としてもお勧めです。

60~90 小中学校
高校
がん教育
「笑顔があれば、いのちは金メダル」

「鈴木さん、優しい笑顔になりましたね。昔は怖かったですよ」とよく言われます。辛さを体験してこそ優しくなれる、涙を知ってこそ笑顔になれる。
天国に旅立つそのときまで、優しく笑顔で生きようと心すれば、いのちは金メダル!そんな体験とメッセージをお届けします。

60~90 子育て
学校
生き方セミナー
人材育成
「いのちの授業~親子塾」

小学生向「いのちの授業」に、車イス・ブラインドウォーク、ありがとうカードの作成&語り合いなど、家族体験参加型のセミナー。

120~半日 教育セミナー
PTA
子育てセミナー
家族イベント
「いのちの講座」

確かないのちへの思いをもつ専門職を育むための特別講座。内容は、上記コースの講演、ワークショップなども取り入れて深堀りします。

90×10コマ
主催ニーズに応じてアレンジ
専門職キャリア研修
大学・専門学校の講座

 

「いのちの授業~いのちのバトンタッチ」

小児がんの少女と家族の姿を通じて、いのちの大切さや家族の絆をみつめます。誰もが感動できる最もポピュラーな内容です。
小学校・道徳の教科書にもなりました。


時間(分)

①園児向(30+一般30)
②小学生向(50~60)
③中学生・高校生向(60~75)
④一般向(60~90)

対象

小中学校、高校、幼保育園、いじめ・自殺対策、PTA、人権、子育て生き方セミナー

「いのちの授業~いのちを大切にする心を育む」

いのちの活動での実体験(子どもや親からのメッセージ、エピソード)をもとに、いのちの授業に加えて、いのちを大切にする心を育むためのポイントを語ります。
がん教育のポイントも追加した内容も好評です。


時間(分)

60~100

対象

教育セミナー、PTA、いじめ・自殺対策、人権、教職員研修、子育て、がん教育

「いのちの授業~6さいのおよめさん」

いのちの授業の中に、絵本「6さいのおよめさん」の朗読と思いも語ります。特に親子向におすすめです。
小学校・道徳の教科書にもなりました。


時間(分)

60

対象

小学校、幼保育園、PTA、いじめ・自殺対策、家族触れ合い

がん教育を『いのち』学ぶ場に」

いのちの活動や小児がん支援体験をもとに、いのちの教育&がん教育を実践するに当たり、心に届く授業づくりのポイント(授業の意味、心すること、具体的な授業事例等)を語ります。
なお、一般教育研修向「いのちの授業~いのちを大切にする心を育む」に「がん教育」のポイントを加えた内容も好評です。


時間(分)

60~90

対象

教育セミナー、教職員研修、がん教育

「いのちの授業~がんを知り、いのちの大切さを学ぼう」

小学生向、中学生以上向「いのちの授業~いのちのバトンタッチ」に、がん教育のエッセンスを加えた授業(講演スタイル)。
小児がんの少女と家族の姿を通じて、「いのち+がん」を学ぶものです。学校や医療関係などでの「がん啓発」としてもお勧めです。


時間(分)

60~90

対象

小中学校、高校、がん教育

「笑顔があれば、いのちは金メダル」

「鈴木さん、優しい笑顔になりましたね。昔は怖かったですよ」とよく言われます。辛さを体験してこそ優しくなれる、涙を知ってこそ笑顔になれる。
天国に旅立つそのときまで、優しく笑顔で生きようと心すれば、いのちは金メダル!そんな体験とメッセージをお届けします。

時間(分)

60~90

対象

子育て、学校、生き方セミナー、人材育成

「いのちの授業~親子塾」

小学生向「いのちの授業」に、車イス・ブラインドウォーク、ありがとうカードの作成&語り合いなど、家族体験参加型のセミナー。


時間(分)

120~半日

対象

教育セミナー、PTA、子育てセミナー、家族イベント

「いのちの講座」

確かないのちへの思いをもつ専門職を育むための特別講座。内容は、上記コースの講演、ワークショップなども取り入れて深堀りします。


時間(分)

90×10コマ
主催ニーズに応じてアレンジ

対象

専門職キャリア研修、大学・専門学校の講座

開催実績
幼稚園、子ども園、保育園
学校 小学校、中学校、高校、専門学校、大学
教育 PTA大会、教職員研修、学校保健大会、道徳大会、校長会 等
行政 人権大会、青少年育成大会、自殺対策
地域 倫理法人会、青年会議所、商工会、法人会、子育てセミナー、家族触れ合いセミナー 他

幼稚園、子ども園、保育園
学校 小学校、中学校、高校、専門学校、大学
教育 PTA大会、教職員研修、学校保健大会、道徳大会、校長会 等
行政 人権大会、青少年育成大会、自殺対策
地域 倫理法人会、青年会議所、商工会、法人会、子育てセミナー、家族触れ合いセミナー 他
参加された方の声

子どもたち

「けいこちゃんは、びょうきになってもいっしょうけんめいにがんばったり、しゅくだいをしたり、すごいと思った。いのちは、ひとりに1こしかないから、わたしのいのちも、ともだちのいのちも大切にしたいです」(小学生)
「かわいそうだった。しんだら生きかえらないから、かんたんに『しねばいい』なんて言わない。のこされた人がたくさんなみだをながす。お父さんお母さんより先にしなない」(小学生)
「ぼくもおばあちゃんがなくなったから悲しいです。今までいた人が急にいなくなると、何かふしぎだし、もう会えないし、話せないからつらいです。それで、よくおばあちゃんがやっていたことを思い出します。これが命のつながりかなあと思いました」(小学生)
「小児がんという病気があることをはじめて知りました。その子たちもいっぱいがんばっていると思いました。病気とたたかっている友だちも、みんなかわらずなかよくしたい」(小学生)
「あって当たり前だった命の大切さをまじまじと考えさせられました。命の授業を聞くまでは、死ぬということを考えたことがありませんでした。命の授業を聞いた後は、命を大切にしていこうと本気で思いました」(中学生)
「私にとって普通の当たり前のことでも、もしかしたらできなくなってしまうことがあるんだと悲しくなりました。逆にそれができる今はとてもすばらしい時間だから、一日一日大切にしていかないといけないと思いました」(中学生)
「命を輝かすと言うことは、命の長さではなく、どのように生きたかが輝く、輝かないだと思いました」(中学生)
「自分の命は自分だけのものじゃないってことを改めて思い知りました。命はいろんな人のバトンタッチでつなげられているんだと思います」(中学生)
「私は、自傷をくりかえし、死にたい、死にたいと思っていました。授業を聞いていて、親の愛の深さに涙が止まりませんでした。特に、『絶対、親より早く死んではいけない』という言葉が響きました。親に会いたくなりました」(高校生) 

大人たち

「子どもと一緒に泣きました。今、子どもに伝えなければならない一番大切なことが『いのち』だと気づきました。家族って本当に大切だと心に響きました」(母親)
「二人の娘の元気な姿を見ると、『生まれてきてくれてありがとう!生きていてくれてありがとう!』と何度も思いながら涙があふれました。生きていることへの喜び、感謝、意味、子どもたちにもきっと届いたと思います」(母親)
「本当にムダな命はないですね。大切な命 一つしかない命 この世に生を受けた者として大事にしていかなくてはと思います。子どもともう一度命って大事ということを話します。子どもは親より先に死んではだめです」(母親)
「娘がいじめで部活を辞めました。娘も、きっと生き抜くことを感じてくれたと思います。みんなで、いのちの授業を聴いてほしいです」(母親)
「生きていることに、鈍感になっている自分に気がつきました。周りの人に生かされていることに感謝し、生き抜く勇気をいただきました。いのちの授業が、生きる喜びや人を大切にする心を育み、今の悲しい世の中を変えていくと思います」(父親)
「バーチャル情報があふれる世の中。生と死、愛のことをリアルな体験として、子どもに伝えなくてはと強く感じました」(父親)
「担任した子どもを小児がんや事故で亡くしました。今、きれごとではなく真剣に命の大切さを伝えようと努力しています。死と隣りあわせの命。一人では決して支えきれない命。死後も生きつづける命。本当にあります」(教師)
「いのちの教育を毎年学校で行っていますが、これほど、心にぐっとくる授業をしていないと反省しました。いのちの大切さを自分自身が強く感じただけでなく、子どもたちに『伝えたい』『伝えねば』と強く感じました」(教師)


子どもたち

「けいこちゃんは、びょうきになってもいっしょうけんめいにがんばったり、しゅくだいをしたり、すごいと思った。いのちは、ひとりに1こしかないから、わたしのいのちも、ともだちのいのちも大切にしたいです」(小学生)
「かわいそうだった。しんだら生きかえらないから、かんたんに『しねばいい』なんて言わない。のこされた人がたくさんなみだをながす。お父さんお母さんより先にしなない」(小学生)
「ぼくもおばあちゃんがなくなったから悲しいです。今までいた人が急にいなくなると、何かふしぎだし、もう会えないし、話せないからつらいです。それで、よくおばあちゃんがやっていたことを思い出します。これが命のつながりかなあと思いました」(小学生)
「小児がんという病気があることをはじめて知りました。その子たちもいっぱいがんばっていると思いました。病気とたたかっている友だちも、みんなかわらずなかよくしたい」(小学生)
「あって当たり前だった命の大切さをまじまじと考えさせられました。命の授業を聞くまでは、死ぬということを考えたことがありませんでした。命の授業を聞いた後は、命を大切にしていこうと本気で思いました」(中学生)
「私にとって普通の当たり前のことでも、もしかしたらできなくなってしまうことがあるんだと悲しくなりました。逆にそれができる今はとてもすばらしい時間だから、一日一日大切にしていかないといけないと思いました」(中学生)
「命を輝かすと言うことは、命の長さではなく、どのように生きたかが輝く、輝かないだと思いました」(中学生)
「自分の命は自分だけのものじゃないってことを改めて思い知りました。命はいろんな人のバトンタッチでつなげられているんだと思います」(中学生)
「私は、自傷をくりかえし、死にたい、死にたいと思っていました。授業を聞いていて、親の愛の深さに涙が止まりませんでした。特に、『絶対、親より早く死んではいけない』という言葉が響きました。親に会いたくなりました」(高校生) 

大人たち

「子どもと一緒に泣きました。今、子どもに伝えなければならない一番大切なことが『いのち』だと気づきました。家族って本当に大切だと心に響きました」(母親)
「二人の娘の元気な姿を見ると、『生まれてきてくれてありがとう!生きていてくれてありがとう!』と何度も思いながら涙があふれました。生きていることへの喜び、感謝、意味、子どもたちにもきっと届いたと思います」(母親)
「本当にムダな命はないですね。大切な命 一つしかない命 この世に生を受けた者として大事にしていかなくてはと思います。子どもともう一度命って大事ということを話します。子どもは親より先に死んではだめです」(母親)
「娘がいじめで部活を辞めました。娘も、きっと生き抜くことを感じてくれたと思います。みんなで、いのちの授業を聴いてほしいです」(母親)
「生きていることに、鈍感になっている自分に気がつきました。周りの人に生かされていることに感謝し、生き抜く勇気をいただきました。いのちの授業が、生きる喜びや人を大切にする心を育み、今の悲しい世の中を変えていくと思います」(父親)
「バーチャル情報があふれる世の中。生と死、愛のことをリアルな体験として、子どもに伝えなくてはと強く感じました」(父親)
「担任した子どもを小児がんや事故で亡くしました。今、きれごとではなく真剣に命の大切さを伝えようと努力しています。死と隣りあわせの命。一人では決して支えきれない命。死後も生きつづける命。本当にあります」(教師)
「いのちの教育を毎年学校で行っていますが、これほど、心にぐっとくる授業をしていないと反省しました。いのちの大切さを自分自身が強く感じただけでなく、子どもたちに『伝えたい』『伝えねば』と強く感じました」(教師)
いのちの授業の申込

「講演依頼」ページからお申し込みください。

▶︎ 講演依頼ページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です