お知らせ

posted in: お知らせ | 0
代表鈴木中人、最新本、プロジェクトが新聞で全国紹介されました

・朝日新聞朝刊「6歳で逝った娘との体験 教材に」(2019.6.11)
・読売新聞朝刊「娘の『いのち』つなぐ授業」(2019.5.22)
・教育ジャーナル6月号「本紹介」
・東京新聞「本紹介」
・日本教育新聞「いのちの授業 一層の普及を図る」(2019.4.22)
・中日新聞「がん教育で命を考える」(2019.4.9 朝刊)
・毎日新聞「ひと」(2019.4.5 朝刊)
・共同通信「『いのちの授業』支援 副読本として新刊出版」(2019.4配信)
 

    

 

 

 

 

 

「いのちの授業」づくり実践セミナー開催(5/26愛知、7/27東京、8/3京都)

新刊本「子どものための『いのちの授業』」を活用して、道徳授業づくりセミナーを開催します。
いのちに向き合う人・教師・講師・子育て世代・セミナー運営者には絶対お薦めです。
・カリスマ教師&講師の「玉置崇」「山田貞二」がノウハウを伝授!
・話し方、進め方、突っ込み方、子どもの心&本音の引き出し方が分かる。
・「いのちの授業」づくりの根本ポイントを「鈴木中人」が話します。
・講師&コメンテーターは、楽しく・いい人ばかり。泣いて、笑って、仲良くなれる。

・学生さんは、学割1000円です。
お申込は「授業と学び研究所」公式サイトより。http://ritl.jp/

*5/26(日)愛知でのセミナーは、「満員御礼。申込受付は終了。当日券はございません」

 

「広げよう!いのちの授業」第15回記念大会 5月1日よりチケット販売開始

・9/28(土)12:30~16:10  名古屋・中電ホール
・テーマ「いのちと志」
・講演:上甲晃氏、鈴木中人  ミニコンサート:上田若渚
・チケット代:前売3000円、当日4000円、学生500円
・申込方法は、こちらのチラシをご覧ください。

▶︎ 第15回記念大会の概要

新刊本:子どもための「いのちの授業」を出版、特別価格での紹介キャンペーン中

・書 名 = 子どものための「いのちの授業」 小児がんの亡き娘が教えてくれたこと
・著 者 = 鈴木中人 (絵:葉祥明)
・出版社 = 致知出版社 本体価格1300円
・内 容=
六歳までの「いのち」を精いっぱい輝かせた「小児がんの少女と家族」の実話をもとに、十歳代の子どもが、「いのち」「家族」「生死」「どう生きるか」をみつめる一冊です。三十万人が涙した「いのちの授業」の思いを凝縮。十の実話・読みやすい表現・いのちの質問・いのちのメッセージが「いのちの旅」となり、生きる力を芽吹かせてくれます。
がん・小児がんの教育情報も掲載。道徳科・総合的な学習の時間・がん教育・朝の会・課題図書などに活用できます。家庭・地域・職場でも、家族や仲間と読める「いのち」の本です。

・学校や子どもたちに本を届けていただきたく、サポーター価格(事務局補助)にてご購入いただけます。
・申込方法は、こちらのチラシをご覧ください。

▶︎ 本の申し込み ご案内

「いのち と がん・小児がん の本を学校に届けよう」プロジェクトを開始

・「いのちの授業」「がん・小児がん教育」「小児がん支援」啓発を願い、次の活動に取組んで参ります。
①十歳代の子ども向に、「いのち と がん・小児がん」を学ぶ本を出版する
②本を、「いのちの授業」「がん教育」「小児がん支援」などに関わる、全国の教育委員会(都道府県・市)や関係団体(日本対がん協会)に献本する。
③心ある方々にもご購入いただき、その方から地元の学校などにも献本してもらう。
④関係するイベントや情報発信を通じて、社会啓発の輪を広げる。

・関係イベントのご案内
詳しくはこちらをご覧ください

▶︎ 関係イベントのご案内

「いのちびと」5月号を発行しました

・いのちの言葉~寄り添うとは
・この人~「寄り添い人、癒し人として、祈りの道を貫く」
髙木慶子 上智大学グリーフケア研究所特任所長
・心に響く「いのちの話」~
夫婦は一対の反射鏡 苦難福門 妻に感謝です
岩田 満 (㈱ヤマサン代表取締役)
「その人らしい人生とキャリアと幸せづくりを応援しています」
悠木そのま (アリーナアドバンス代表取締役)
・いのちの便り~「いのちのバトンを胸に」「一人の一歩、百人で百歩」
・私の思い~「命の教育~心を育てる」
山本 浩史(福井市立藤島中学校教諭)
・いのち いきいきコーナー
プチ紳士・プチ淑女を探せ運動

 

「広げよう!いのちの授業」第15回記念大会 協賛募集を開始

posted in: お知らせ | 0
「広げよう!いのちの授業」第15回記念大会 協賛募集を開始

・第15回記念大会(9/28名古屋)に、学生さんなどが安価に参加できるように協賛募集をいたします。
・1万円/1口より
・協賛の方の御芳名をチラシに記載、チケット2枚(6000円相当)を謹呈
・募集期間は、3月1日から4月15日
・申込方法は、こちらのチラシをご覧ください。
お願い文・申込書
第15回記念大会の概要

新刊本:子どもための「いのちの授業」を3月出版予定

posted in: お知らせ | 0
新刊本:(仮)子どもための「いのちの授業」を3月出版予定

・著 者 = 鈴木中人
・出版社 = 致知出版社
・内 容=
十歳代の子どもが、「いのち」「家族」「生死」「がん・小児がん」をみつめる一冊。
30万人が感動した「いのちの授業」の思いを凝縮。
6歳までの「いのち」を精いっぱい輝かせた「小児がんの少女と家族」の実話をベースに、読みやすい表現・いのちの質問・いのちのメッセージや、がん・小児がんの参考情報も加味して、道徳科・総合的な学習の時間・がん教育・朝の会・課題図書などに活用できます。
家庭・地域・職場でも、家族や仲間と読める「いのちの本」です。

・学校や子どもたちに本を届けていただきたく、サポーター価格(事務局補助)にてご購入いただけます。
→申込方法は、こちらのチラシをご覧ください(2019年3月公開予定)

「いのち と がん・小児がん の本を学校に届けよう」プロジェクトを開始

posted in: お知らせ | 0
「いのち と がん・小児がん の本を学校に届けよう」プロジェクトを開始

・「いのちの授業」「がん・小児がん教育」「小児がん支援」啓発を願い、次の活動に取組んで参ります。

①十歳代の子ども向に、「いのち と がん・小児がん」を学ぶ本を出版する
②本を、「いのちの授業」「がん教育」「小児がん支援」などに関わる、全国の教育委員会(都道府県・市)や関係団体(日本対がん協会)に献本する。
③心ある方々にもご購入いただき、その方から地元の学校などにも献本してもらう。
④関係するイベントや情報発信を通じて、社会啓発の輪を広げる。

・関係イベントのご案内(2019年3月公開予定)
①本の紹介キャンペーン(2019年6月末まで)
②「いのちの授業」づくり実践セミナー (愛知:5/26、東京:7/27、京都:8/6)