お知らせ

posted in: お知らせ | 0
「いのちびと人間塾」12期(2024/2~5)の参加者を開催中です(満員御礼)

オンラインで、いのちをキーワードに、生き方・大切なことを・家族・幸せを見つめます。
いのちに向き合う「いのちびと」をゲストに、仲間とじっくり語らいます。
人間力を高める、いのちのご縁を紡ぐ集いにご参加ください。

<12 期の概要>

・期間:2023年02月17日~5月18日
・ゲスト講師
1回目(02/17)安藤明夫(フリージャーナリスト)
2回目(03/16)吉田武史(一志塾代表)
3回目(04/20)鈴木中人(いのちをバトンタッチする会代表)
4回目(05/18)佐々木美和(チャイルド・ライフ・スペシャリスト)

・概要は チラシ(PDF)をご参照ください。

出版されました。
いのち、生きる、家族をみつめる「感動の絵本」として、小中学校、家庭などで読まれています。
道徳が教科化されてから、小学校3年生の教科書(㈱Gakken)に採択されています。

2024年度「ゴールドリボン・いのちの授業」は、公募中です(4/24まで)

ゴールドリボンは、小児がん支援の総称です。小児がんの啓発活動であるゴールドリボン運動の一環として、アフラック生命保険株式会社様の協賛を賜り、昨年に引続き「ゴールドリボン・いのちの授業」を開催します。これは、幼保育園、学校、地域などにおいて 「いのちの授業」と「小児がん支援」の輪を広げるものです(2008年より)。

つきましては、下記の通り募集のご案内をさせていただきますので、ご応募を賜れば幸いです。

<募集概要>

・授業概要 当会代表(鈴木中人)の「いのちの授業」を全国10~15か所で開催
・授業主催 幼保育園、学校、専門学校、大学、大学、地域や子育てサークルなど
・開催時期 2024年5月~2025年1月末まで
・応募期間 2024年2月1日~4月24日
・応募方法 こちらの申込書(ワード版)メール又はFAXください。
・結果連絡 4月30日頃
・事業主催 NPO法人いのちをバトンタッチする会
・協賛   アフラック生命保険会社㈱
・概要   「2024年度ゴールドリボン・いのちの授業」募集チラシ(PDF)を参照ください。

 
 
絵本「6さいのおよめさん」が、小学校道徳の教科書に採択されました。(3回連続)

絵本「6さいのおよめさん」(文:鈴木中人、絵:城井文、文屋)は、2014年に出版されました。
いのち、生きる、家族をみつめる「感動の絵本」として、小中学校、家庭などで読まれています。
道徳が教科化されてから、小学校3年生の教科書(㈱Gakken)に採択されています。
中学・高校の「いのちの授業」や「がん教育」などにも活用されています。

今般、令和6年度からの小学校道徳の新版教科書(㈱Gakken)にも採択されました。
「この本は、力がある、心に沁みる」と、3回連続の採択です。
ぜひ、学校、家庭、地域でもお読みいただければ幸いです。

なお、現在、中古品のみ購入できます。

生きる幸せをみつめる「いのちびと」3月号を発行しました。

*内容
・いのちの言葉~「いのちの約束の思い」鈴木中人
・この人~「いのちの約束として、子どもたちと関わり続けたい」
杉本春美(愛知県西尾市立荻原小学校校長)
・心に響く「いのちの話」~野菜とお弁当で、いのちをつなぎます
螺澤七郎(ダンフーズ㈱代表取締役会長)
・私の思い~「児童虐待のない世の中に…」冨田正美(ハーレサンタ CLUB NAGOYA代表)
・いのちの便り~「この世の中にある間しか」「いのちの感想ハガキ」
・いのちの授業~あの日から「在ることに意味がある」
・いのち いきいきコーナー~「車椅子に乗った人工呼吸器のセラピスト 押冨俊恵の5177日」
安藤明夫(フリージャーナリスト)


四国歩きお遍路「景子ちゃんの接待所」に、ご参加・応援ください

四国歩きお遍路、江戸時代前期の路が続く根来寺道の分岐点十九丁に、お遍路さんを元気にする(景子ちゃんの)接待所が開設されています。

(香川県坂出市青梅町、「坂出市青梅町19丁」81番札所白峯寺と82番札所根来寺の間)

三つの願いが込められています。
・ご縁あって香川県をゆくお遍路さんが、元気に結願してほしい。
・未来を担う子どもたちが、いのちを大切にしてほしい。
・小児がんなど、病気や障がいの子どもたちへの支援の輪が広がってほしい。

地元の有志の方々により、缶ジュース・お菓子などのボックス、願い文(岡本光平先生著)のプレート、「いのちの授業」に関わる絵本「6さいのおよめさん」や講演録「いのちのバトンタッチ」、お遍路さんが綴る自由ノートなどが設置され、周辺の清掃もされています。

いにしえの巡礼地から「いのちを祈る」接待所です。

あなたができることで、ご参加や応援を賜れば幸いです。
〇立ち寄る。
〇接待所について、仲間に紹介やSNSで発信する。
〇寸志を寄付する。(当会がお預かりして、地元世話人の方にお届けします)

・本サイト=四国お遍路「景子ちゃんの接待所」をぜひご覧ください。

▶︎ 景子ちゃんの接待所

四国歩きお遍路「景子ちゃんの接待所」

2019年度「ゴールドリボン・いのちの授業」募集を開始

posted in: お知らせ | 0
2019年度「ゴールドリボン・いのちの授業」募集を開始

・公募方式で、全国の学校(10~15ヶ所)などに伺います。
・応募期間は、3月1日~4月24日
・申込方法は、こちらのチラシをご覧ください。

*新型コロナウイルス対応など、安全安心を第一です。応募や決定後でも、主催者判断により適時「中止・変更」をしてください。当会へのお気遣いなどは一切不要です。

「広げよう!いのちの授業」第15回記念大会 協賛募集を開始

posted in: お知らせ | 0
「広げよう!いのちの授業」第15回記念大会 協賛募集を開始

・第15回記念大会(9/28名古屋)に、学生さんなどが安価に参加できるように協賛募集をいたします。
・1万円/1口より
・協賛の方の御芳名をチラシに記載、チケット2枚(6000円相当)を謹呈
・募集期間は、3月1日から4月15日
・申込方法は、こちらのチラシをご覧ください。

*新型コロナウイルス拡大等により、大会中止となった場合は、協賛金・チケット代金はご返金いたします。
お願い文・申込書
第15回記念大会の概要

新刊本:子どもための「いのちの授業」を3月出版予定

posted in: お知らせ | 0
新刊本:(仮)子どもための「いのちの授業」を3月出版予定

・著 者 = 鈴木中人
・出版社 = 致知出版社
・内 容=
十歳代の子どもが、「いのち」「家族」「生死」「がん・小児がん」をみつめる一冊。
30万人が感動した「いのちの授業」の思いを凝縮。
6歳までの「いのち」を精いっぱい輝かせた「小児がんの少女と家族」の実話をベースに、読みやすい表現・いのちの質問・いのちのメッセージや、がん・小児がんの参考情報も加味して、道徳科・総合的な学習の時間・がん教育・朝の会・課題図書などに活用できます。
家庭・地域・職場でも、家族や仲間と読める「いのちの本」です。

・学校や子どもたちに本を届けていただきたく、サポーター価格(事務局補助)にてご購入いただけます。
→申込方法は、こちらのチラシをご覧ください(2019年3月公開予定)

「いのち と がん・小児がん の本を学校に届けよう」プロジェクトを開始

posted in: お知らせ | 0
「いのち と がん・小児がん の本を学校に届けよう」プロジェクトを開始

・「いのちの授業」「がん・小児がん教育」「小児がん支援」啓発を願い、次の活動に取組んで参ります。

①十歳代の子ども向に、「いのち と がん・小児がん」を学ぶ本を出版する
②本を、「いのちの授業」「がん教育」「小児がん支援」などに関わる、全国の教育委員会(都道府県・市)や関係団体(日本対がん協会)に献本する。
③心ある方々にもご購入いただき、その方から地元の学校などにも献本してもらう。
④関係するイベントや情報発信を通じて、社会啓発の輪を広げる。

・関係イベントのご案内(2019年3月公開予定)
①本の紹介キャンペーン(2019年6月末まで)
②「いのちの授業」づくり実践セミナー (愛知:5/26、東京:7/27、京都:8/6)