お知らせ

posted in: お知らせ | 0
2022年度「ゴールドリボン・いのちの授業」は、2月より公募開始です。
事業目的 ・いのちを大切にする心を育む、がん・小児がん支援の社会啓発を促進する
事業主催 ・特定非営利活動法人いのちをバトンタッチする会
協賛 ・アフラック生命保険株式会社
授業概要 ・講師:鈴木中人の「いのちの授業」を、公募方式で全国10~15か所で開催
・対象者=園児、児童・生徒、学生、保護者、一般
・プログラム=園児30分+保護者30分、小学生50~60分、中学生以上60~75分程度
応募資格 ・授業主催者:幼保育園、小・中・高校、専門学校、大学、子育てや青少年育成などをされる方
・開催時期:2022年5月~2023年1月
・講師派遣費:講師旅費+55000円(小児がん支援など当会活動に充当)
・その他:
名称は「ゴールドリボン・いのちの授業」として案内文等に掲載。
授業開催時にゴールドリボンの意味をご紹介ください。
広報用に授業の写真等を撮影や使用させていただくこともあります。
応募期間 ・2021年2月1日~4月24日(必着)
新型コロナ対応 ・新型コロナウイルスの状況により、オンライン方式、参加者限定、応募後や開催直前での中止や延期など、皆さまの進めやすことを最優先に運営ください。事務局へのお気遣いは不要です。
応募方法 ・こちらの申込書(ワード版)メール、またはFaxしてください。
結果連絡 ・4月30日頃にメールにてご連絡いたします。
参考 「2022年度ゴールドリボン・いのちの授業」募集チラシ(PDF)
 
 

 

いのちびと人間塾6期(22.2~22.5)参加者募集中です!

オンラインで、いのちをキーワードに、生き方・大切なことを・家族・幸せを見つめます。
いのちに向き合う「いのちびと」をゲストに、仲間とじっくり語らいます。
人間力を高める、いのちのご縁を紡ぐ集いです。

・6期:2022年2月19日~5月21日
・ゲスト講師
1回目(02/19)鈴木中人(いのちをバトンタッチする会代表)
2回目(03/19)高橋加代子(ライフステージ請負人)
3回目(04/16)遠城孝幸(滋賀県社会福祉協議会)
4回目(05/21)中井俊己(作家、教育評論家)

・概要は チラシ(PDF)をご参照ください。
・申込は 次のQRコードからお申し込みください。またはチラシの申込書をメール、またはFAXください。

 

生きる幸せをみつめる「いのちびと」1月号を発行しました

*内容
・「いのちの言葉」~なぐさめ、はげまし 鈴木中人
・「この人」~いのちのエールを贈ろう
小出朋子、山田貞二、山本恵子、志賀内泰弘、鈴木中人(いのちの大会メッセンジャー)
・心に響く「いのちの話」~お遍路さんが元気になる(景子ちゃんの)接待所
國方卓(接待所運営にかかわる有志世話人)
・「私の思い」~宇楽(光)建築・「カタチ」の力
安藤友二(建築コンサルタント)
・「いのちの便り」~きっと天国から 助けて、と言っていいんだよ
・「いのちの授業~あの日から」~いのちの日を心に刻み続ける
・「お知らせ」
・「いのち いきいきコーナー」~こころをつなぐお遍路宿とゲストハウス
岡田鈴子(小豆島・旭屋旅館)


オンラインセミナー「いのちの授業を考えよう」の完全録画版UP。ご自由にご活用ください。

オンラインセミナー・「いのちの授業」を考えよう!を完全録画版(3回シリーズ、2021.4~6月)でYouTubeにUPしました。

学校経営と授業づくりのカリスマ教師(玉置崇)、「いのちの授業」の実践者(鈴木中人)、教師を目指す大学生5名が、授業づくりの要諦と実践ヒントを具体的に本気で語らいます。
「いのちの授業」づくり、いじめ・自殺防止のヒントになる、「なるほど、そうか、やってみよう」と実感できることばかりです。

「いのちの授業」づくりのエールとして贈ります。ぜひ、ご活用ください。



<出演>
・玉置崇(岐阜聖徳学園大学教授)、鈴木中人(いのちをバトンタッチする会代表)、松浦遥菜(玉置ゼミ生)、金子奈央(〃)、中江真帆、池戸美遥(〃)、古久明日実(〃)

<いのちの授業を考えよう!セミナー>
・第1回目(4/24)「いのちの授業の意味を考える」

・第2回目(5/15)「授業づくりの実践ヒントⅠ~愛されているいのち、限りあるいのち」

・第3回目(6/5)「授業づくりの実践ヒントⅡ~生活の中の実践、死にたい」

2019年度「ゴールドリボン・いのちの授業」募集を開始

posted in: お知らせ | 0
2019年度「ゴールドリボン・いのちの授業」募集を開始

・公募方式で、全国の学校(10~15ヶ所)などに伺います。
・応募期間は、3月1日~4月24日
・申込方法は、こちらのチラシをご覧ください。

*新型コロナウイルス対応など、安全安心を第一です。応募や決定後でも、主催者判断により適時「中止・変更」をしてください。当会へのお気遣いなどは一切不要です。

「広げよう!いのちの授業」第15回記念大会 協賛募集を開始

posted in: お知らせ | 0
「広げよう!いのちの授業」第15回記念大会 協賛募集を開始

・第15回記念大会(9/28名古屋)に、学生さんなどが安価に参加できるように協賛募集をいたします。
・1万円/1口より
・協賛の方の御芳名をチラシに記載、チケット2枚(6000円相当)を謹呈
・募集期間は、3月1日から4月15日
・申込方法は、こちらのチラシをご覧ください。

*新型コロナウイルス拡大等により、大会中止となった場合は、協賛金・チケット代金はご返金いたします。
お願い文・申込書
第15回記念大会の概要

新刊本:子どもための「いのちの授業」を3月出版予定

posted in: お知らせ | 0
新刊本:(仮)子どもための「いのちの授業」を3月出版予定

・著 者 = 鈴木中人
・出版社 = 致知出版社
・内 容=
十歳代の子どもが、「いのち」「家族」「生死」「がん・小児がん」をみつめる一冊。
30万人が感動した「いのちの授業」の思いを凝縮。
6歳までの「いのち」を精いっぱい輝かせた「小児がんの少女と家族」の実話をベースに、読みやすい表現・いのちの質問・いのちのメッセージや、がん・小児がんの参考情報も加味して、道徳科・総合的な学習の時間・がん教育・朝の会・課題図書などに活用できます。
家庭・地域・職場でも、家族や仲間と読める「いのちの本」です。

・学校や子どもたちに本を届けていただきたく、サポーター価格(事務局補助)にてご購入いただけます。
→申込方法は、こちらのチラシをご覧ください(2019年3月公開予定)

「いのち と がん・小児がん の本を学校に届けよう」プロジェクトを開始

posted in: お知らせ | 0
「いのち と がん・小児がん の本を学校に届けよう」プロジェクトを開始

・「いのちの授業」「がん・小児がん教育」「小児がん支援」啓発を願い、次の活動に取組んで参ります。

①十歳代の子ども向に、「いのち と がん・小児がん」を学ぶ本を出版する
②本を、「いのちの授業」「がん教育」「小児がん支援」などに関わる、全国の教育委員会(都道府県・市)や関係団体(日本対がん協会)に献本する。
③心ある方々にもご購入いただき、その方から地元の学校などにも献本してもらう。
④関係するイベントや情報発信を通じて、社会啓発の輪を広げる。

・関係イベントのご案内(2019年3月公開予定)
①本の紹介キャンペーン(2019年6月末まで)
②「いのちの授業」づくり実践セミナー (愛知:5/26、東京:7/27、京都:8/6)