ゴールドリボン・いのちの授業

posted in: がん 教育・支援 | 0
ゴールドリボン・いのちの授業とは

ゴールドリボンは、小児がんの子どもたちを支えるシンボルマークです。

毎年、新たに約二千~二千五百人の子どもが小児がんになっており、子どもの病死原因の第一位は小児がんです。小児がんの子どもたちは、治療(入院・通院)や経過観察をしつつ、さまざまな困難を抱えながら学校生活をしています。小児がんの子どもにとって、学校に行けることは生きる希望です。学校や社会において、小児がんへの正しい理解と協力が必要とされています。

当会の「いのちの授業」は、小児がんの少女と家族の姿を語ります。そこで、小児がん支援(ゴールドリボン活動)といのちの授業の社会啓発を願い、全国公募方式で学校や地域などでいのちの授業に取り組みます。

本事業は、がん保険のパイオニアであるアフラック生命保険株式会社さんの協賛をいただき2008年より運営しています。
既に全国で約30,000名の方が、ゴールドリボン・いのちの授業に参加されています。

2019年度事業の募集は終了しました
事業目的 いのちの教育と小児がん支援の社会啓発を進める
事業主催 特定非営利活動法人いのちをバトンタッチする会
協賛 アフラック生命保険株式会社
授業概要 鈴木中人の「いのちの授業」を、公募方式で全国10~15か所で開催
応募資格 授業主催者:幼保育園、小・中学校、高校、専門学校、大学、これに準ずる団体*
*子育てサークル、フリーサークルなど青少年育成をされる方々
授業形態 保護者、地域公開型で運営
授業時期 5月から翌年末日までに終了のこと
予算 講師旅費+一定の派遣費(54000円 小児がん支援など当会活動に充当)
その他 授業開催時にゴールドリボンの意味をご紹介ください。
名称は「ゴールドリボン・いのちの授業」として案内文等に掲載
応募期間 2019年3月1日~4月24日(募集は終了しました)
応募方法 こちらの申込書をFAX、またはメールください
結果連絡 4月末にメールにてご連絡いたします。

 

2019年度 開催予定

・観泉寺幼稚園(東京)
・恵那市立岩邑小学校(岐阜)
・豊田市立若園小学校(愛知)
・豊田市立駒場小学校(愛知)
・岡崎市立六ツ美北部小学校(愛知)
・都城市立高城小学校(宮崎)
・都城市立石山小学校(宮崎)
・高崎市立高南中学校(群馬)
・浜松市立引佐南部中学校(静岡)
・稲沢市立大里中学校(愛知)
・豊川市立音羽中学校(愛知)
・岡崎市立福岡中学校(愛知)
・武豊町立富貴中学校(愛知)
・日進市立日進東中学校(愛知)
・春日井市立南城中学校(愛知)
・豊田市立保見中学校(愛知)
・恵那市立恵那東中学校(岐阜)
・甲府市、中央市、甲斐市、昭和町内の3校(山梨)
・高城地区青少年育成連絡協議会(宮崎)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です